音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Round About Midnight (Legacy Edition) / Miles Davis
d0057347_10111684.jpgColumbia が手掛ける未発表音源発掘オマケ付再発、ちょっとチェックをサボってたらまた出てました。内容は2Disc で、Disc1には従来音源にBonus Track4曲、7 Two Bass Hit、8 Little Melonae、9 Budo、10 Sweet Sue, Just You 。で、今回の目玉のDisc2にはThelonious Monk本人が参加した“'Round Midnight”が収録。メンバーは、Miles Davis(tp) Zoot Sims(ts) Gerry Muligan(bs) Thelonious Monk(p) Percy Heath(b) Connie Key(ds)のセクステット、そしてさらに1956年2月18日の西海岸「pasadena Civic Auditorium」での「Gene Norman Presents」のコンサート・サ−キットにおけるMilse Davis Quintet:Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Red Garlan(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds)での演奏8曲が収録されてます。
ちなみにDisc2の1.'Round Midnightは「俺のバックで弾くな!」とマイルスがモンクに云ったという逸話の割にはしっかりした内容で、要所要所に現れるモンク独特の展開に若干マイルスがつられる感じのするところもあるものの、それも含めてなかなか面白い出来となってます。ただZoot Sims(ts) Gerry Muligan(bs) Percy Heath(b)あたりは、ほとんど聴こえません。2曲目以降は、Miles自身この時期の彼らしく良く楽器が鳴っててよく吹いてますし、Coltraneも数年後ほどの威力はないもののその影をチラホラ覗かせてます。後、Philly Joe がライブで聴けるってのがあまりない事のように思うんでそれだけでも貴重なようにも思います。
ま、この時期の演奏は数年後に比べて取り立てた斬新さはまだ無いものの、この時期なりの完成度が窺えるいいアルバムと云えると思います。
[PR]
by agstudio | 2005-06-21 01:06 | music
<< Ron Blake / Son... コンフェデ2回戦! >>