音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
指揮者:大植英次
d0057347_10133970.jpg少し前に「情熱大陸」でやってました 指揮者:大植英次さんのドキュメントをノーカットみたく1時間程度の長さで金曜の夜中にやってたのを2.3日後時間の空いた時に見ました。大半は「情熱大陸」のまんまでしたが、改めて「熱い人」でした。
普通クラシックって、子供の頃からピアノ(は結構やってるか… )やヴァイオリンとか習わされるような環境でなければ、学校の音楽の授業ぐらいで「四季」聴かされたり、「魔王」で大爆笑して終わりって感じな気がします。私もそのご他聞に洩れずそんな一人だったのですが、ただ根っから音楽好きだったため真摯な方に比べれば恐ろしく表面的ではありますが、それでも少しはそっち方面の意識も生きてまして、折にふれて注意は向けるようにいつもしてきたつもりです。そして二十歳前後、ボブ(・マ−リ−)の時にも書きましたが、自分の音楽感が偏った思考にならないよう敢えて他ジャンルを聴きかじったその頃に、それまでよりさらに少〜し色んな音楽への注意力を増すようにしてきたのです。しかしまぁ、クラシックの達人の方々からすると、語るまでもない超ド素人級である事は間違いないので、ここで書く内容についての指摘等々はご容赦ください。
では、長くなりましたが&恥ずかしくもなくいってみます。
最初にグッと入ったのはバーンスタインからでして、でもこの入り方の時点でコアな人から見ると違うのかも知れないですねぇ。と云うのも、リハーサル風景や、本番でも(カメラマンもその方が面白いのを知ってるのだと思いますが)なぜか客席からのアングルではなくバーンスタインを正面に見たアングルが中心のものに、途端にヤラレタ訳です。本番のそれは指揮と云うよりも、抜群のリズム感と、全身で現す強弱の表現法など、それ事態が1つのパフォーマンスになってます。さらにリハーサルではそこに言葉や鼻歌で説明や解釈を交えてオーケストラに説きます。その風景はブラウン管越しにでも、か〜るくジャンルの壁など飛び越え、いちいち分りやすく心底「そうやな〜」と思わせるものがありました。
そんな流れで、やはり日本人でまず浮かぶのは当然小澤さん。彼の映像も何度も見ましたがまさに同じ匂いを引き継ぐ人です。
そして今回の大植さん、ドイツの「バイロイト音楽祭」で初めての東洋人指揮者と云う快挙を成し遂げ、おまけに大フィルの音楽監督でもあります。その指揮ぶりはやはり熱湯風呂よりも熱く、ここにもバーンスタイン(ほんとはそれ以前にそういうスタイルの人いるのいかもですが、知らないので勘弁下さい)から脈々と続くものを感じます。
しかし同じ日本人だからか知らないですが、何となくその熱さが多少オーバーに感じる時がところどころにありまして… 。ま、海外だとあれぐらいの表現でちょうどいいのかもですが、そのへんが少し気になるものの、その人柄から滲み出る音楽への純粋な思いは痛いほど伝わってきます。
こういうのを見ると、ほんと心洗われますし、日頃悩んでた事がバカらしく思えたり、自分の周りの悩めるミュージシャンの方々にも、そこから何らかの感化を受ける事で幾許かの光明も見えて来るでしょうし、根っから音楽が根付いていない土壌でも、これまでより単純に何の脈絡もなく、そのすばらしさを受け入れる事が出来るようになると思ったりするんですが… 
ま、こんな事いいながら自分こそまだまだなので、せめてそういう思いを大切にしながら今後も臨んで行こうと、こんな瞬間だけでも思うのでした。

d0057347_10145960.jpg
P.S.
しかし、す〜ごい失礼ですが、番組みながら『大植さん誰かに似てるな…』と思って、終るまで考えまくってたら判明しました!それが「アンタッチャブル山崎」でして。しかも「下衆ヤバ夫」(写真)に扮した時の。いや、ほんとすいません。
でも、「似てる〜〜〜(関根調で)」
[PR]
by agstudio | 2005-09-07 00:21 | person
<< 不埒な悪業… じゃなく、「スポ... Battle: Live At... >>