音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
two against nature
d0057347_10184272.jpgこの同名タイトルのアルバムは2.3年前に Steely Dan が復活した時のものですが、そのニューヨークでのライブの模様を納めたのがこの映像です。
アルバム自体イタく格好良く聴きまくったんですが、ある日CD屋でこの映像を観た時は、正直釘付けでした。
それにしても、なんと格好いいんでしょう!
曲をはじめ演奏はもちろんですが、いつも通りすんごいバックミュージシャンに、コーラスのお姉さん3人も綺麗で上手い。
そして何よりカメラワーク…、秀逸です。ソロやLive 展開を熟知したそのカット割りには、音楽に詳しくない人、音楽にドップリな人の分け隔てなく満足させてくれる、そんな内容に仕上がっていてこだわりを感じます。
買ってから折にふれて、ほんと何回も観てるんですが、最近ふと思う事がありまして。
それはギターのジョン・ハーリントンが、やはり随所でイタく格好いいソロを聴かせてくれてるんですが、どうもそれをじっくり見るに「このソロ全体が決まったもんを弾いてるんやないか…!?」と云う疑問がフツフツと沸きまして… 
コ−ネリアスやクリス・ポッターらサックス陣のソロはまだそうでもないんですが、ハーリントンの弾くのには何となくその匂いが、アロマが、フレグランスが…(って、もうええか…) 
ソロと云っても遊ばしてくれないのがこのバンドなんで、複雑なコード進行の上でやると考えると、作ってなくともどうしてもそう聴こえる…ってのが本当のところ、かも知れません… 
しかし、このバンドならバッチシ作られた状況で、その場でアドリブっっぽい雰囲気を出してやってる、とも考え得るので、そう考えると半分冷めそうで半分スゴイな!とどっちも思わせられる複雑な気分です。
ま、基本的にはアドリブであって欲しいな〜、とは思うんですが…
と云う事で、今頃ではありますが、最近また見返して感じた事をこれまでの事と含めて書いてみました。この映像は多分今後も折にふれて見返すだろうと思うので、また新たな事を感じましたらその都度取上げたいと思います。

しかし、フェイゲン。声の枯れ具合と姿が相まってさらにいい味なんですが、どうも犬歯が人より若干長いようで、スーツ姿にサングラス、薄暗いステージが嫌でも妖しさをまし、ほんと音さえ無ければ「ドラキュラが噛み付く呈」であります。彼等の有名な気難しい性格からして、ミュージシャンが気にいらん音でも出したりしたら、間違い無く楽屋のトイレとかでガブ〜ッってして仲間のベッカ−と顔中血だらけにして血ィ〜吸うてる姿が…
あら!? なんか冗談で書いてたのにリアルに画が浮かぶんすけど…
[PR]
by agstudio | 2005-10-19 00:54 | music
<< 黒い豚カレー フラミンゴ >>