音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Clifford Brown Eric Dolphy / Together: Live At Dolphy's Home La 1954
d0057347_229292.jpg今日で各CDショップのWポイントも終了と云う事で、折角なんでチラッと見に行ってみました。
すると思わぬものが… そう、これです。こんなのあるんですねぇ。
なんと Eric Dolphy と Clliford Brown の、 Dolphy が軍隊から帰り、Chico Hamilton Group 加入前の1954年にLAのドルフィー宅で録音されたそうです。
HMVレビューでは ---「修行時代」のドルフィーの演奏と共にブラウン=ローチ時代のオフショット的なブラウニーの演奏に興味は尽きない。--- とされてまして、確かにこの部分に興味がわきますし、正直今も非常に気になります。
パーソンネルは、
1.2.=Clifford Brown(tp) Eric Dolphy(as) Harold Land(ts) Richie Powell(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
3.4.5.= Eric Dolphy(as) Harold Land(ts=3,4)Clifford Brown(tp) Unknown(ds)(
6.=Clifford Brown(tp)unknown(p)
3.4.5.のピアノ、ベースのクレジットがないのと、unknown な方々が、どの程度の方かわからないのが少々不安ですが、それ以外のサイドメンは問題ないでしょう。
ただ、ただ、やはり「Recorded at Eric Dolphy's Home」の、このクオリティがどんなものか?ですよね。「54年で自宅録音」、残念ながらやはり期待は出来ないと思われます。
と云う事で、怖さが先行して今回は見送ってしまいました…
勇気ある諸兄がおられましたら是非ご意見拝聴させて下さいまし。

P.S.
ついにセラードアが出たと云うのをあちこちで聞きますし、買われた方からTBまで頂いてたので「あるかなぁ〜?」と思ってたんですが、残念ながら2大ショップ何れもWポイントをあげたくないのか、店頭には並んでませんでした。ま、予想はしてましたが…
この際やはりアマゾンか〜!
[PR]
by agstudio | 2005-12-25 22:28 | music
<< M-1グランプリ2005 エースコック スーパーカップ大... >>