音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Cassandra Wilson / Thunderbird
d0057347_10213178.jpg来る3月15日に Cassandra Wilson の新譜が出るようです。
先頃発売されたニューオリンズ救済の「VARIOUS ARTISTS HIGHER GROUND / HIGHER GROUND」でも最後のトラックで地面の底から湧き出て来るような低い位置からの例のボーカルが聴けます。
そのオドロオドロしい感じそのままの今回のジャケット。
小学校低学年くらいの頃に見た幽霊やお化けの本に載ってた、目が合うと石にされると云う「蛇女ゴーゴン」さながらです。
そんな事はいいとして、私がこの人を一生懸命聴いたのは「Blue Light Til Dawn」「New Moon Daughter」の頃で、その前に新伝承派でしたっけ?スティーブ・コールマンらとサンザッパラ苦心した後のアコースティック独自路線打ち出しな頃でした。
また観にいったのは上の2枚の頃のMt.Fuji Jazz Fes の大阪版で Festival Hall に来た時と「Traveling Miles」の前後の大阪Blue Note でのステージでした。
どっちのライブも圧巻で『スタジオとどんな風に変えて料理してくれるか?』と云う期待を歌はもちろんアレンジでもバッチリ堪能させてもらった事を鮮明に覚えています。
ジャンルや生音や細かい事に捕われない彼女は、今回プロデュースにT-Bone Barnettを起用し、アコースティックに固執せず打ち込みも多用するようで、一体どんな中味になるのかまたもや期待させてくれそうです。
最近は一時ほど個人的にはチェックしてないんですが、それでも相変わらず動向が気になる人であります。
[PR]
by agstudio | 2006-02-05 23:57 | music
<< Charlie Hunter ... TWO DOWN なるコーヒー >>