音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Charlie Hunter / Copperopolis
d0057347_10213646.jpgCharlie Hunter 久々に新譜なようです。
いつやったかも取上げたと思いますが、その時は確か Blue Note のステージを観ての感想だったと思います。
いやぁ〜今もその様子、鮮明に覚えています。
とにかく左手が演奏時には指が3本くらい増えたような、そんな常人には理解し難い印象を衝撃と共に受けます。
最初はサックスバックで主にベースパートでラテンの王道バッキングしてたんですが、しばらくすると合間にコードバッキングもプラスされ、気が付けば自分のソロになって、しかもソロのフレーズのバックでベースはランニングになる、と云う、とてもこの世のものとは思えない状態が目の前で展開されよりますんで、その気持ち悪さと、気持ち良さの相反する2つの瞬間融合は、まぁ、形容し難い、筆舌に尽くし難い状態です。
CD 聴いてる分には、そこまで驚きにくいですが、百分は一見にしかずとは、よう云うたもんで、この人こそマサニそれです。何て云うんでしょう、適当な表現が見つかりませんが、強いて云うなら「指のジャグリング」ですかね…  キモイです。
と、こんだけキモイとかスゴイとか書いて少しは落ち着いたんで、話は変わります。
今回のアルバムのH○Vのレビューに「そして、注目の逸材、“現代のテナーのエリック・ドルフィ”John Ellisを引き連れて…」とあります。
単純に“現代のテナーのエリック・ドルフィ”って『う〜〜〜〜〜ん…、苦しい…』
「現代の」って今も昔もテナーにエリック・ドルフィいませんからねぇ…
と、あんまりこういうとこにこだわると一過性のピン芸人みたいなんで止めますが、それもこれも含めて3月17日発売らしいので、まずは「要チェキ!」って事ですね。
[PR]
by agstudio | 2006-02-07 23:05 | music
<< Pat Metheny Orn... Cassandra Wilso... >>