音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Pat Metheny Ornette Coleman / Song X - 20th Anniversary
d0057347_9594887.jpgもとは20年前だし、再発も2005年9月28日なのに、なぜか今頃試聴機にかかってたので聴いてみました。
メンバーはタイトルの2人にチャーリー・ヘイデン、デナード・コールマン、ジャック・デジョネット。
しかしまぁ〜どのテーマも小賢しいと云うか、チョコマカしてると云うか、こ難しくて面白い。
メセニーもグループはもちろん、その他の組合せでの公演も何度か観てますが、そういったライブで演奏されたオリジナルを久し振りに聴いて懐かしく、そして新鮮に思いました。
コード感を感じさせるようで感じさせてくれないフロント2人とヘイデンのベース。
そういう上物を支えるようで、実は往き契ってもいるジャック、これは相変わらずとも云えます。全員が計算か?天然か?微妙にズレて、バタついてる感じにも思わずニンマリさせられます。
そんな色んな要素も含めて、全般的な印象として一言云えるのは、ある意味当たり前なんでしょうが、オーネット本人のアルバムよりは、1曲が短い事も含めて、しんどくなる前に終る、つまり「聴きやすい!」って事です。
去年の再発時に追加されたのが全14曲中の1.〜6.になるそうで、ほぼ半分が今回お目見えって事で聴き応えも充分です。
ま、完成しつくした感のあるグループの「Way Up」にもそろそろ聴き飽きてるでしょうし、20年前のアルバムを買った方も内容もさる事ながら物自体どこにあるのかも忘れてるでしょうし、ここはひとつ今一度オニュ−な気持ちで聴き直すのが「良かとごあんどっ!」て思うのます。
[PR]
by agstudio | 2006-02-09 23:44 | music
<< Kasper Villaume... Charlie Hunter ... >>