音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Jesse van Ruller / Views
d0057347_1519567.jpgNewYork 録音 Holland 発売と云う、一見ややこしいような、そうでもないようなレーベル、Criss Cross からタイトルのアルバムが出てました。
メンバーは、
Jesse van Ruller, guitar
Seamus Blake, tenor sax
Sam Yahel, Hammond B3 organ
Bill Stewart, drums
でして、Jesse van Ruller 名前は何かにつけ聞いてましたが音をしっかり聴くのは初めてでした。これが意外と年齢(知りませんよ〜、でも若いでしょう)に似合わず "渋い" ギターを弾かはります。ほんと聴く前は、もっとケッチョンケチョン♪にやっつけまくり!の弾き倒し!な感じかと思ってましたが、違いましたです。Seamus Blake 、この人も名前は知ってましたが音は初めて聴きました。率直に云って『ま〜アメリカちゅうとこは上手い人がわんさかおるな〜!』と。それと関係ないけ『Seamusって何か格好ええ響きやなぁ〜』とか、どうでもいいとこに感心したりしてます。Sam Yahel 、この人は最近ジョシュアとやっててよく名前を見ます。演奏は「揺かごから墓場まで」やないですが「フュージョンから何から何まで!」みたいなマルチキーボードプレイヤーって印象で、ここでもB3をブイブイ謂わせたはります。Bill Stewart 、初めて観たのは10年以上前のジョン・スコバンド(ちょうどジョ−・ロバーノが居た時代)で、当時はまだペ−ペ−やったと思いますがイイ太鼓でした。もう今となっては世間で云う「中間管理職」的な位置にジャズ界で居るのではないでしょうか!? ま、ここでも相変わらずイイ感じです。
このアルバムは全8曲すべてJesse のオリジナルで、アップテンポありスローあり、アレンジもよく練られており、伝統を継承しつつもちゃんと自己主張もする、みたいな好内容であります。
と、まぁここまで書いて来て脈絡ないなぁ〜と。もう少しまともな文を書くには今暫く聴く必要がありそうですが、上手く書けないですがアルバムはなかなかいいのです。
ここんとこ「music」括りで3月発売の新譜をいくつか取上げて来たんですが、当然そんなにじ〜っと待てる訳もなく、こんな風にチラチラと触手が… ね!
[PR]
by agstudio | 2006-02-15 23:51 | music
<< GEORGIA Bitter ... SPRINGROOVE >>