音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Senti Toy / How Many Stories Do You Read On My Face
d0057347_10494568.jpgあら!? なつかしい! 誰やっけ? あっ!戸川純(古いなぁ〜 我ながら)!?
って思った方、おっしぃ〜!!
ははは! もち、ちゃいますよ!この人Senti Toyって名でインド出身ニューヨーク在住のシンガーだそうです。
一体どんな音を出す人なんかと云うと、紹介の多くに「アニ・ディフランコ、ノラ・ジョーンズ、キャット・パワー、ジョニ・ミッチェル」等の名前が上げられています。まぁ確かにそんな路線と云えなくもないでしょう。
もちろん "百文(読)" は "一聴" にしかずなんですが、ジャンル的にどうかと云うと、ジャズ、トラディショナル・フォーク、ブルース・ルーツ、ポップスを彼女なりに吸収して出来た音楽って感じです。ジャンル分けはオーガニックとしてるとこもありましたが、オーガニックソウルではなくオーガニック単体と云うか、エリカやディアンジェロを指して云う、あのオーガニックソウルではなく、単に "オーガニックミュージック" とでも云う方が云いえてるでしょう。
で、参加ミュージシャンですが、
Senti Toy (vo)
Tony Cedras (ag,key)
Fernando Saunders (b)
Brandon Ross (g)
Calvin Jones (b)
Damon Duewhite (ds)
A.Sivamani (perc)
Xiomara Laugart (co)
Emma Kato (co)
Nhumi Threadgill (co)
Yala Yoy (co)
Jonathan Finlayson (brass)
Adam Kolker (reeds)
Ted Daniel (brass)
Jose Davila (low brass)
まぁあんまり知った名前はないかもですが、キップ・ハンラハン率いるところの deeep rumba の面々やら、Brandon Ross (g)はカサンドラ・ウィルソンの数年前までのアコースティックで格好いいサウンドを作っていた1人ですんで、そう云う事を知ればサウンドは折紙つきと判断出来ると思います。
それで実際のところはどうかといいますと、むっちゃ聴きやすく、でも飽きさせないコード進行を使ってたり、コーラスワークにインドの出身地域のトラディショナルな感じが含まれてたり、それでもってリズムとグルーヴ感は秀逸で、アップで跳ねモンでノリノリな曲もあれば、ギターでの弾語り的なものもあり、イイ感じです。
カサンドラやノラとかもそうですが、思うに結局のところ特徴の強い電気楽器を安易に使うと、それ故にジャンル分けがハッキリし過ぎる、と云うかプレイヤーの意図に関わらずその色に染まってしまう、からこういうやり方が最近多いのかも知れないですね。そのへんまで計算されてるのか、ナチュラルな感じでこうなったのかは判りませんが、こんな風に考えたり、最近この手に入ると云えそうなアーティストが増えて来てるようにも思うので、後々そのサウンドの輪郭はもう少し明確になって来るように思います。が、オールジャンルを呑込んでいると云う点では消化するのにもう少し時間がかかるのかもですね。ま、イメージとしては「アンプラグドよりアンプラグド」とでも云うか、そんな云い方も判り良いかもです。なのでパンチの効いたドロドロを欲してる身体には軽すぎます。
しかし、アコースティックと云えばラテン系に走りがちな昨今、もちろん種々吸収してますんでラテンフレーバーは含まれてますが「それ一色ではない」こんなアルバムも春間近なこの季節にホッコリさせてくれると思いますよ〜!
[PR]
by agstudio | 2006-03-01 23:26 | music
<< Rh Factor / Dis... Jim Rotondi / I... >>