音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Steve The Scotsman Harvey / The Everyday People Project
d0057347_11182217.jpgRBにグッ!と来るもんが少なくなって久しいんですが、こんなのが出てました。
「最近では、MotownレーベルのThe Temptationsのプロデューサーとして活躍するマルチ・コンポーザー、ミュージシャン、プロデューサーのSteve Harvey。スコットランド出身で、今はUK、アメリカ等で活躍する大ベテラン。プロデュースしたアーティストも多数で、中には Rhasaan Patterson、N'Dambi、Ledisi などの実力派も。そんな彼が友人であるベーシストのBobbuy Watson、ギターリストのJimi Maconとニュー・プロジェクトによるニュー・アルバム・リリース!それもHarveyが過去にプロデュースした、またはこれからする豪華ボーカリストをフィーチャ−して…」
本人は知りませんでしたが、錚々たるボーカリストの名前につられまして。
まずは N'Dambi や Ledisi に大いに期待したんですが、残念ながら私には今一つ「ピン!」と来ない感じでした。N'Dambi は曲のイメージと彼女が少し合ってないような、そんな感じを受けたのと、Ledisi は自身の2nd以降色濃くなった「パワフル&ゴリゴリ歌唱」そのまんまでして、繊細な歌い回しもすばらしいだけに、ここでもパワーに片寄り過ぎで『おばーちゃん家で御飯をよばれて、思いっきり腹いっぱいなのにまだすすめられる』ような、そんな感じを受けまして。 いや「パワフル&ゴリゴリ歌唱」も充分スンゴインですよ、ですけどね…
そして Rahsaan Patterson ですが、この人が出て来た当初 OREO さんと彼の話を何度かした事を思い出しますが、基本的に本人は何も変わってません。ですが、このトラックは前の2人よりは「比較的いいトラックに当った」と云う感じでなかなかな仕上がりです。まぁ、でも相変わらず "ぱ" サーン・"ら" ターソン君『スティービー命』な感じは残ってまして、"ま" サーン・"か" ターソン独自な味はまだ見出せてないようです。"む" サーン・"ぺ" ターソンは、やはり"も" サーン・"ろ" ターソンなようです。 って、もう、ええか… 
で、ここで1番いい感じに思ったのはtr.6 Linn Segolson ですかね。
曲もいいですしね。ただ、この人も「丸っきりエリカ〜!(何やドラエモンの新しい道具みたいですが <笑>)」でして。いや、ほんま"クリソツ"です。
多分エリカ本人が聴いても「一緒やん!?」と、大阪弁では云わんでしょうが、それくらい似てます。
しかしこう書いて来ると、一体このアルバム、どこを「イイ!」と思って紹介してるのやら変な感じです。
結局「springroove」でのエリカを待てずに、代わりを探してて偶々出会った Linn Segolson に面影を見ると云うか、そういう気分なだけのような気がしてきました。
でも唯一の収穫と云うかアルバム全体を通して改めて思ったのは「プロデューサーとアーティストのマッチングってのは、そう簡単でない」って事ですかね。この人らの状況でも難しいんですから、況んやボクらは… ですよね。
後、一応念のため云うときますが、決してこのアルバム悪くはないです。ここに述べた事は、あくまで私の趣向的視点で面白可笑しくをモットーに書いてますので、皆さんもまずは御自身の御耳で御一聴して頂いて好きなり嫌いなり御判断下さい。
あなかしこ。

P.S.
彼のサイトではなかなかオシャレな音楽が試聴できます。
[PR]
by agstudio | 2006-03-08 23:09 | music
<< 花粉飛散情報 AEON FLUX >>