音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Roy Hargrove 続報
d0057347_102136.jpgもう1ヶ月くらいたつでしょうか? 彼の新譜の話をしてから。
その新譜のジャケが気になって、それ以来チラホラまま見てたんですが、漸く sorry …から変更されてました。2枚発売されるその2種類共アップされてまして、まぁ同じタイミングでって事もあるだろうし、それより顔が左前って事が余計にそう思わすのでしょうが、何となく似てます。
上が「Nothing Serious」ってJAZZ をやってる方ですが、実は私のよ〜く知ってる人が先週ニューヨークから帰って来まして、向こうでRoy Hargroveの演奏を見て来たと。内容はJAZZやったそうですが、メンツが今回のアルバム(Ronnie Matthews(p) Dwayne Burno(b) Willie Jones III(ds) Justin Robinson (as,fl) Slide Hampton(tb))と同じかどうかは確認出来てません。
で、やはり気になりますし「どうやった?」と聞いてみますと、「なんかいまいち… 」と。曰く「Roy Hargrove だけが1人で奮闘してた。」とそんな感想を述べてました。それを聞いて少し残念な気もしましたが、自分も含めて1聴での感想は意外にあてになりませんので、その感想はどっかに留置きながらもここはしっかり自分の耳で確認しないと、とそう思っております。しっかし Slide Hampton 入ってるんすねぇ。
そして下が「Distractions」。
これは今さら説明するまでもなくファンクな路線ですよねぇ。
今回、個人的には D'Angelo が作りプロデュースしハーグローヴと一緒に歌っているトラックってのが気になります。なんせ D'Angelo 仕事さぼって交通事故ばっかりしてますからねぇ…
メンバーもRenee Neufville(vo,key) D'Angelo(vo) Willie Jones III(ds) Jason “JT” Thomas(ds) Lenny Stalworth(b) Reggie Washington(b) Todd Parsnow(g) Charles McCambell(key) Bobby Sparks(key) Keith Anderson(sax) David "Fathead" Newman(sax)と、前作のメンバーも半分ほどは残ってるようですし、中でもドラムは2人ともベースも1人は同じメンバーと云う事で、私の重視するグルーヴも前作同様グルングルンに揺らして回してくれそうで気持ち良さそうです。
一応予定は「Distractions」が4/26、「Nothing Serious」が5/1と、さらに後1ヶ月待つ事になりそうですが、それまでは気持ちを "低く跳ねるように" セーブしながら待ちたいのです!
[PR]
by agstudio | 2006-03-29 23:52 | music
<< ray barretto & ... STAR FLYER >>