音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Alma Thomas / Sub Entendido
d0057347_10222379.jpgジャズ、ゴスペル、ブルースうんぬんかんぬん… と云うレビューと、モノクロを基調としたジャケの格好良さとに惹き寄せられ聴いてみました。
さらに「シンプルな3コード・ブルースからゴスペル・フィーリングタップリのクワイア・ソング、ガーシュイン風ジャズ・トラック、アフロ・キューバン、スティーヴィーやモータウンライクなソウル・チューン、さらにドラムンベースまで黒人音楽の歴史を総括するかのようなバラエティに富んだ、それでいて1本筋の通ったものを感じさせる」って、まさに好みとしか云いようがないですし、「すでに全米のメディアやノラ・ジョーンズらアーティストの間でも注目されているという新星」と云うのにも期待「大」になって聴いてみました。
ま、『期待「大」』が出て来た時点で結果は見えたかもですが、贅沢な云い方って事は分かってますし、あくまで聴取者の立場としてですが、何か色々ヤリ過ぎなような…、1本筋ってのも少し影が薄いような…、そんな印象を受けちゃいました。
サウンドもジャズと云うよりはフュージョンの上手い人がジャズやりました、みたいな匂いが薄ら感じられるような。歌はレビュー通り抜群に上手いです。ですが、器用に何でもやれてしまう、そのボーカル力が返って「1本筋」を何本も筋を増やしてしまってるような、そんな烏滸がましくもあり贅沢な感想を持ってしまいました。
コード進行も凝ったものが多く、そういう先を詠めない展開とかは目標でもあり大好きなはずなんですが、なんかそれも練られ過ぎに思えて。同じように練られ過ぎでもフェイゲンとかなら聴けるのに、不思議です。(いや、フェイゲンは1作に10年とかかけてるから不思議やないか)

えっ!? 文句多いですか!?
そうかもです。 でも、そう思ってしまったのです。

いや、云うても例によってパッ!と聴いた印象にすぎないので、後々変わるのかもですが、なんかそーなんです。

しかし、我乍ら第一印象ってのは「恐い…」です。
ほんと受け手は自由に感じて当り前なんですが、やはり好印象であって欲しい訳で。
やわらかい反応をしてもらうには、出来るだけ事前にハードルを上げさせない事が大事なんでしょうが、そうかと云って、そんな上手い具合にも、なかなかね。

d0057347_1023144.jpgP.S.
全く関係ないですがついでなんで。
この名前でググると同名の画家のおばちゃんが。
なんかイイ感じです。
[PR]
by agstudio | 2006-04-09 23:02 | music
<< MUHAMMAD ALI &q... 小倉はん >>