音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Lyambiko / Love... and Then
d0057347_11225489.jpg顎引き加減で鋭くこちらを見つめておられるその視線に射られて聴いてみました。
結構頑張ったはります。
過去2枚のアルバムを出してるようですが、1枚目のジャケはまるっきり記憶にないです。本稿を書くにあたり見た2枚目のジャケには見覚えありましたが、音はあまり印象に残ってません。しかし聴取者レビューによると2枚目より1枚目の方がアグレッシブ?でいいそ〜です。
そういったレビューやらに拠ると、もともと当初から割と自分のサウンドを確立していたようですが、これまでの2枚はスタンダードや有名曲をアルバムの大半に取入れているので、アレンジがどのよ〜になされているか皆目見当はつかないもののオリジナリティ自体はそこそこなあたりでは無かったかと推測されます。しかし、この3作目はど〜やら大半がオリジナル(でしょう、多分)らしく「自分達の色」と云う意味ではかなりな線に来てるのでは、と思われます。
そう思わせるような工夫が目立つ点で云えば、生ピでなくローズ系エレピを全面に多用しているところがあげれそうです。ま、曲によっては若干狙い過ぎな感を否めないものもありますが、その試みは大いに評価されて然るべきでしょう。
後、オリジナル曲のコード進行も、やはり一捻りされています。しかし4月9日の「Alma Thomas / Sub Entendido」よりはサウンドの基盤をジャズに絞った事で、考え過ぎで生じるトータルな印象の散在感を、うまく防げたようです。
そうは云うものの、やはりエレピを使うならもう少し音色を本物仕様にする方が良かったような気がしますが、そこは「敢えて外す」と云う狙いなんでしょうか。
歌も良しバックもジャジーで良し、って事でここで見えた何かが結実するであろう次回に期待!って感じな、通過点な雰囲気を感じる本作です。

P.S.
滞っていたJAZZな動きが久々に出来そうな感じです。
とは云え、去年みたくガッツリ!ビッチシ!演るって訳ではないんで実現すればその旨ここにでも記すとします。
[PR]
by agstudio | 2006-04-19 23:03 | music
<< The Invisible S... デューク東郷 >>