音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
The Invisible Session
d0057347_10264939.jpg一言で云うと、こういうのこそ今のクラブサウンドの "ど" 真ん中になるんでしょうねぇ。
レーベルもイタリアの“SCHEMA”。まさにそっち。
音は「緻密なアレンジとスキルの高い生演奏を中心とする質の高いサウンド」とされてまして、確かに生の躍動感を感じますが、ドラム・ベースはど〜もループっぽい繰返しフレーズが多いせいか、私のように音を全身で受け止めたいと云うか、浴びたい症の人間には、いくら洗練された格好いいフレーズにしろこの繰返しが5分6分続くのは結構しんどいかなぁ〜と、そう思います。多分クラブで踊ったり、女の子と会話したり、呑んだりしながら、適当に70、80%聴き流しといて時折「チラッ!」っと聴こえる感じだと100点なんかもな〜と、そう思います。
それでもまだ救いなのは、曲の大半に女性ボーカルが入っているところでしょうか。この声がなかなか好い声でしてトラックの単調さから注意を逸らせてくれます。
そうは云うものの、パッと聴きは間違いなく「格好いい」と思わせる部類のサウンド作りで、そういう部分においては多少参考にもなるとも思えます。
ま、ある程度の仕事料が発生した上で、きっちりしたコンセプトを皆に行き渡らせ出来上がる、ほとんど隅々まで予定調和なサウンド。と、窺えるこういう音楽、細かい事は無視して、作る側からすればある意味「ひとつの理想形」でもあるといえるでしょう。
「なら、1人でループ使ってやれよ!」と云われそうですが、何と云われようと「それはそれ」「これはこれ」違うもんは違う、と云う事ですわね。
[PR]
by agstudio | 2006-04-20 23:05 | music
<< flamenco skeche... Lyambiko / Love... >>