音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Christian Mcbride / Live At Tonic
d0057347_20535041.jpgベースの雄、クリスチャン・マクブライドの新譜は、なんと3枚組のライブ盤と来たもんだ。
昨年1月10日、11日にNYのライヴ・ハウス、トニックで行われたライブを自身のレーベルから出してます。
とりあえず1枚目しか聴けませんでしたが、1曲目のゴリゴリファンクで、いきなりアルコソロ!で「ええ〜〜〜〜〜!?」って感じですが、こういう組合せも誰もやらんかっただけで選択肢のひとつとしてはあるな… と、ゴツブットイ音に妙に納得させられてしまいます。
その他この Disc1ではオリジナルが大半と思われますが、要所要所に複雑なキメをつけた4ビートや8ビートの飽きさせない展開の曲達が展開されており、まー1回聴いたぐらいでは上っ面をなぞった程度ですんで、何とも… な感じです。でも間違い無く上手いっす。
Disc1は、マクブライド・カルテットによる演奏。
メンバーは
Christian McBride:acoustic & electric basses
Ron Blake:tenor, soprano, baritone saxophones & flute
Geoffrey Keezer:keyboards
Terreon Gully:drums
この Terreon Gully なるドラム私は初耳ですが4ビートも8ビートも上手いもんです。ただ如何せん McBride の音が、元からデカイのかPAの関係か判りませんがブットイのなんので、若干線が細く感じてしまいます。でも可成りイイです!
で、私は多くを語れるほどこれまでの McBride の作品(「Gettin' To It」と「Number Two Express」とはストレーとなジャズでしたし、後クエスト・ラブとかとやった「The Philadelphia Experiment」あたりは聴いとります)聴いてないのですが、このDisc1を聴く限りでは、ファンクと云うよりフュージョン色が強いかな、と。その点では他のエレベを使ったリーダーアルバムなんかに近いのかもですね。ま、このトニックって店も実験的な人がよくやってるみたいですし、そういう事もあっての選曲なのかもですが。
Disc2 からは Special Guests が参戦なんですが、
Charlie Hunter:guitar
Jason Moran:piano
Jenny Scheinman:violin
DJ Logic:turntables
Scratch:beat box
Eric Krasno:guitars
Rashawn Ross:trumpets
 な顔触れで、曲は、
1. See Jam, Hear Jam, Feel Jam 29:23
2. Out Jam/Give It Up Or Turnit Loose_(James Brown) 9:35
3. Lower East Side/Rock Jam 6:26
4. Hemisphere Jam 3:36
5. Bitches Brew_(Miles Davis) 4:51
6. Out Jam/Via Mwandishi_(McBride) 7:57
7. Mwandishi Outcome Jam 7:10
8. The Comedown Jam(LSD Jam) 3:58
 ってな内容で、俄然面白そうであります!
さらに、Disc3は
1. E Jam 33:03
2. Ab Minor Jam 12:59
3. D Shuffle Jam 9:00
4. D Shuffle Jam (part 2) 11:32
曲目から思うに、細かい事抜きにしたラフなセッションっぽい感じなのではないでしょうか? キッチリやるのとはまた違い、これまた面白そうです!
後、CD屋HPのリスナーの書込みも絶賛で、3枚目の、ターンテーブルにビートボックスが好いとか、マクブライドに圧され気味みたく私が書いたドラマー Terreon Gully をベタ褒めしてたりしますし、このへんをそのまま信じるなら多分2枚目以降はドラムもベースの負けないくらいパッツン♪パッツン♪に行ってくれてて、さらに3枚目でHipHopをも凌駕ってな勢いなんでせうかね?????
とにかく2.3枚目興味津々でありんす!!

P.S.
そうそう、どーも日本盤には Disc2:9.Bonus Jam 1 (bonus track for Japan) ), Disc3:5.Bonus Jam 2 (bonus track for Japan)  それぞれ1曲づつ(計2曲)ボートラがあるよーですんで、入手するならこっちかもっすね!
[PR]
by agstudio | 2006-05-10 23:50 | music
<< Marisa Monte / ... LED ZEPPELIN / ... >>