音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CECILIA STALIN / Straight Up
d0057347_10315727.jpgまた「格好ヨロシ!」なアルバムに出会えました!
気がつけばいつも「格好ヨロシ!」のんが無い… とか口癖のよーに云うてますが、ま、本来格好ヨロシもんってのは「そうそうあるもんやない」ってのがホンマなんでせうが。
で、そんな口癖が口をつく中出会えてしまいました!
こういう時、文ってのは現し様が無いなぁ… と改めて思わされますが、こう書くしかないでせうね。
"このアルバム、イ〜〜〜のです!!" と。
常日頃「分け隔てなく聴く」をモットーにしてるんですが、やはり打込みでなくオール生演奏は聴き応え充分ですね。そしてジャンルも、JAZZやらそっち系統に片寄らんとこーとも思うのですが、この手のJAZZでBOSSAな楽曲やスタイルで格好良くやられると、そんな事忘れて "思いっきりトキメいてまう" 訳です。ま、しゃーないと云えばしゃーないし、そう思う事をどーこーとは別に思ってないと云えばそーなんですけど、ね。
で、この(ベタに)ロシアっぽい名前の彼女ですが、スウェーデン人だそーです。スウェーデンを代表するクラブ・ジャズ・ユニット、クープの出世作であるアルバム『ワルツ・フォー・クープ』にフィーチャーされ、中でも最大のヒットであるタイトル・トラックでの神秘的な歌唱で絶賛を浴びた女性ヴォーカリストだそーです。ク−プって「KOOP」って書くよーなんですが、何となく名前は見たよーな… でも残念ながらあまり記憶には残ってないんですよねぇ。で、彼女はシンガーでありソングライターで、今回自らのクインテットを率いてオリジナル・ナンバーを披露するこのアルバムでソロ・デビューとなったそーです。
しかしスウェーデンって全く想像つきませんが、(これまたベタに)ディア オールド ストックホルムとかの曲もあるし、一時アメリカからデックスとかパウエルとかドリュ−とか他多数がヨーロッパに行ってたりするし、実はJAZZの豊潤な土壌なんかもですねぇ… 「新世界アトリエ靴屋」のおっさんならそのへん詳しそーですけどねぇ… ま、別にいーんすけど。
またp-vine のHPによると、
「このアルバムのサウンドは、オーソドックスなジャズ五重奏団のフォーマットで極めてカジュアルで現代的なアコースティック・グルーヴを生み出すことに成功しており、全編でスターリンの幽玄で妖艶、純白の綿毛のようなクール・ヴォイスの魅力が全開となっている。」とあります。
「カジュアルで現代的なアコースティック・グルーヴ」とか「純白の綿毛のようなクール・ヴォイス」ってのが解りにくくはありますが、音を聴いてから読めば、結構このレビューを書いた人の苦心の後が窺える言葉で、ま、そんな感じかなって気はます。
曲目は、
1. Straight Up
2. Bogaloo Boy
3. Lovers Bolero 
4. Simplicity 
5. Everything Must Change 
6. Sustain 
7. Fast Food 
8. Miljarder stjarnor (secret track)
全体的によく出来てて飽きさせないですが、1. Straight Upは、ジャジーなコード進行とよく考えられた歌メロによるスローなイントロから躍動するボッサ・ビートへと変化し、頭から惹き付けられますし、2. Bogaloo Boyは、曲全体としてはそれほど捻りの少ないイナタ系ファンクなんですが、要所要所にやはりJAZZのエッセンスを上手く練り込み、殿下で云うと曲自体は単純な類いで大した事ないのにその端々に見える工夫で気がつけばじっくり聴かされてる、と云うか、それに近いニュアンスも窺えるファンキーな跳ねもんミドル。そして 7. Fast Food 他の曲でも随所にスキャット雨霰なんですが、この曲は4ビートのバップ・チューンなので、やっぱりジャジーなだけでなくしっかり4ビートな曲でのスキャットはイイのです。
トータルでみて、これら1.2.5.7.あたりはアップで格好よく楽器陣のアドリブも豊富で注目させられます。また、それ以外のバラードやミドルな曲達も実によく出来ていて、こちらはもっと落ち着いてじっくり聴きたい、そー思わせる内容でした。
ただ8曲目の secret track はアルバムにクレジットも無かったので全く気付きませんで未チェックです。いいアルバムなのに7曲は少ないな… と思ってましたが、こんなオマケがあったんですね。楽しみです!
ま、とにかく持ち合せが無かったんで無茶欲しかったんですが買い損ねました。しかし近々間違い無くゲットするぞ!と、今もこれを書きながら思いはさらに募っております!!

P.S.
ジャケも何かイイすよねぇ。 涅槃って感じすか!?
[PR]
by agstudio | 2006-06-05 23:54 | music
<< Jack Dejohnette... ライブ直前リハ >>