音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
お気に入りブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Jack Dejohnette, John Scofield, Larry Goldings / Saudades
d0057347_10361061.jpgなんと2枚組ライブ盤で、こんなの発見!
メンバーが Jack Dejohnette, John Scofield, Larry Goldings って事で、音もある程度想像がつくよーで触手が動かされます。
亡き名ドラマー、トニー・ウィリアムスと彼のバンド“ライフタイム”へ捧げた、ジャック・ディジョネットが率いるトリオの2004年11月21日ロンドン、、クイーン・エリザベス・ホールにて行われたライヴ2枚組。

Disc1が、
1, If
2, As One
3, Allah Be Praised
4, Saudades
5, Pee Wee
6, Spectrum

Disc2 は、
1, Seven Steps to Heaven
2, I Fall in Love Too Easily
3, Love in Blues
4, Big Nick
5, Emergency

オルガン/ギター/ドラムというライフタイムと同編成で臨み、マイルス・デイヴィス・クインテットやライフタイム時代の愛奏曲をピックアップしてますし選曲にそれほど不安は無さそーです。
ゴールディングスは(確か天才っぽいフレコミやったよーな… で)売出した頃に何かの番組でピックアップされてて、ニューヨークのどこかでのライブを聴いた覚えがありますが、正直それほど印象にはありません。ありませんが、今でもあちこちで名前は見ますし、私が知らないだけでオルガン奏者としては格たる地位を確立してるよーですし、H○Vのレビューによるとカーラ・ブレイのWATT作品への参加やジョン・スコ他、大勢のミュージシャンと活動してきてるよーなんで、他の2人ともメンバー的にも遜色ないんでしょう。
ただ今回全くもって音のチェックが出来てないので、"やっぱECM" って事もあるし多少不安は過りますが、まぁ、曲目からするに、思いっきり「あ、痛タタ…」な展開は無いとは思います。が、それでも一抹の不安は残るには残るんで、一応念のため多少の心積りをして購入する方が無難かも… ですね。
基本的にオルガンなんでベースレスでも○な訳ですが、曲によっては普通のエレピも使用してるよーなんで、若干そのへんで、もしかしたらバヤイ状態が炸裂する可能性が無きにしも有らずなよ〜な…  でも、サンプラ−も使ってるよーでこれはこれで今っぽい感じな予感もして…
ま、トータルな予感(いや、ほんまの山勘ですよ!)としては充実した内容な気がしますんで、ここは挑戦あるのみ!でせう!

P.S.
しかしECM、サイトも徹底してますな。
[PR]
by agstudio | 2006-06-06 23:00 | music
<< IVゥYィ〜〜〜! CECILIA STALIN ... >>