音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Gil Evans / Complete Pacific Jazz Sessions
d0057347_11331390.jpgBlue note が傘下にいれたレコード会社の音源を「Connoisseur Series」で発売してました。
例によって色々書く割には事情に疎いのですが、今回は Pacific Jazz に残された音源のようです。
これって傘下とちゃいましたっけ!? 
傘下は Capital やっけ!?
ま、ええか!この際、どんな形にしろイイ音源が再発されるのは喜ばしい事やしね。

どーもこのアルバムもともと
前半8曲
1.St. Louis Blues
2.King Porter Stomp
3.Willow Tree
4.Struttin' With Some Barbecue
5.Lester Leaps In
6.'Round Midnight
7.Manteca
8.Bird Feathers

後半7曲
9. Davenport Blues
10. Straight No Chaser
11. Ballad Of The Sad Young Men
12. Joy Spring
13. Django
14. Chant Of The Weed
15. La Nevada (Theme)

で、別々のアルバムやったよーです。
ただいづれも似たよーなメンバー編成で GIL のアレンジが施された楽曲と云う事で、最近たまにある「廉価でジャケットも無視した上、全く別のアルバムを只只コンパイル」みたいなそんな無謀な印象は一切なく全編纏まった一つの作品として聴けます。
当然、随所に GIL の見事なアレンジが光りまくってまして、あまり知らない曲も有名な曲もよ〜く考えられていて楽しいです。ですが、前半はやはり "ジュリアン" にどうしても耳が片寄ります。いや〜やっぱり流暢ですねぇ!時代的には「somethin' else」と被るよーで、本当非常にアグレッシブで思わずニヤケます。ま、今さらも何さらも "ジュリアン" について云う事は全くないんですが、しっかし改めて聴くとこの人の音色がそーさせるのか、音を聴くと姿形をイメージせずにいられないからか、ファンキージャズ時代のイメージが強いからか、何なのか分りませんが "なぜか?" この人が演奏するとメジャー調(は当り前ですが)でもマイナー調でも全部 "明る〜く♪" 聴こえます。いや、それはそれで難有り… なんかもですが、なんせこんなに聴いてる側を幸せな気持ちにさせるサックス奏者もなかなかいないなぁ! と、またもや改めて感嘆させられてしまいました!
ここでその他のメンバーですが、
Gil Evans,
Johnny Coles,
Curtis Fuller,
Jimmy Cleveland,
Steve Lacy,
Cannonball Adderley,
Budd Johnson,
Ray Crawford,
Art Blakey and Elvin Jones
この編成ビッグバンドには足らないですが、管が数人揃ってアクセントを確りつけ、クレッシェンド・デクレシェンドも鈍らずにやってくれると、随分締まったカッコイイ演奏になるもんです。前半はどーしても "ジュリアン" "ジュリアン" ですが、後半はそーいったバンド全体の演奏と GIL のアレンジの素晴らしさが充分に楽しめます。13. Django なんてかなり圧巻です。
しかしこのアルバム、やはり10代の頃最初に "ジュリアン" の演奏を聴いた時のトキメキを思いっきり蘇らせてくれます。なのでやっぱそこが今回のツボでせうね…

あっ! 後「Elvin 病」もしくは「Elvin 症」の方に先に処方箋。
ここでは師匠、残念ながら枠にシッカリ嵌まっておられますんでそのつもりで。
どっちか云うと "ナイアガラ" 師匠の方が微妙かも…(笑)
[PR]
by agstudio | 2006-06-21 23:58 | music
<< とぅもろこし Nathalie Lorier... >>