音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Harvey Mason / Marching In The Street
d0057347_11233242.jpgこんな手描き風なジャケットのアルバムが出とりました。
誰あろう、Harvey Mason 師匠であります。(なんとなくゴーストバスターズ師匠に見えんくもないですが… 笑)
本作品は1975年のHarvey Mason 初ソロアルバム。
内容はほぼ Head Hunters な流れをそのままに活かした好内容です。
参加メンバーは、herbie Hancock, Hubert Laws, Bennie Maupin, Blue Mitchell, Chuck Rainey, Dave Grusin, Paul Jackson, Lee Ritenour, Ernie Watts, Wah Wah Watson, Randy Crawford 他で、とにかく豪華です。
tr-1 「Marching In The Street」は、Harvey Mason のマーチングドラムをモチーフにしながらも確りグルーヴにもこだわりが窺えます。
tr-2 は「Modaji」で、Hubert Laws のテーマがが渋々です。『この曲どっかで聴いたな〜?』と思ってたら、確か中学生頃に Dave Grusin のライブアルバムにゲスト渡辺貞夫と云う取合せで聴いたようです。ネットで引っ掛かった中の情報に---PAULA PERRY "EXTRA, EXTRA" で使用された「MODAJI」---とあるんですが、ま、誰の曲にしろ "渋い" です。もう一回ナベサ& Grusin のテイクも聴きたいですねぇ。とはいえその音源自体どこにあるんか、大体有るんか無いんかも全く分りませんが… (苦笑)
tr-3「Hop Scotch」は Head Hunters 直径の強力なファンク・ビートで、 Hancock の長尺エレピソロが秀逸です。Maupin か Ernie Watts (多分 Maupin )のサックスソロもいいです。
tr-4 Ritenour 作の「Wild Rice」は、後の「Captain」シリーズに繋がるニュアンスが垣間見えますが、それでもここではファンクなリズムに頑張ってノってるって感じで微笑ましいです。
ま、好みもありますし、どーしても先に目に入るレビューに「Head Hunters 直系」とか書いてあと意識していまうせいもありますが、そう思ってコテコテな気分で聴くと、残念ながらtr-4 以降は所謂サラっと系 Ritenour &Grusin 色が表出してきまして「なんか違うな…」と感じてしまうのは否めません。
それでも全体としてはいい内容ですし、その時代のフュージョンの大勢を占めた2系統が1つのアルバムで楽しめると思えば、値段も含めお得感 "大" と思われます。
[PR]
by agstudio | 2006-07-11 23:27 | music
<< Baker Brothers ... Miles Davis / L... >>