音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Baker Brothers / Baker Dozen
d0057347_1531734.jpg最近はこの手のインストファンクなバンドが流行ってるよーです。
ま、伝統的にインストファンクな流れは途絶えそうになりながらも脈々と続いて来たよーには思いますが、ここ数年の「ハシり」になったのはやっぱり「so live」かな? と思います。
これは英国のバンドですが本作で3枚目のよーで、1枚目はスタジオ、2枚目はライヴ盤とゴリファンク路線で圧して来たよーですが、やっぱり営業的な戦略もあるのか今回は歌の導入に踏み切っとります。
しかし○MVのライナーには2枚目発売後「その間2度にわたって敢行されたジャパン・ツアーにより、もはや全国ジャズ・ファンク・ファンのアイドル的存在と化した」とあるので、それほどまでの人気なら、あんまり後ろ向きな事を書くと「エラ苛め」に合うか「とっちめられ」るかしそうーで、ベタ褒めしよーと思って端から取上げてないので今から少々恐いですが… ま、貶すつもりもないんで行って見ます。
歌入ってストリングス入れて ---みたいな感じで、結局歌もんに限っては往年の BNH さながらになっとるよーに思います。ま、同じ英国と同郷なのも多分にありそーな、いや5〜10年前のムーブメントの頃に彼らは学生で必死こいてそれらをコピーしてた、なんてのが根っこにありそーな、そんな感じを受けるくらいでインストで圧してきた人らとは思えない出来です。
なんやかんや云い乍ら、私はこのへんのインストファンク決して嫌いではないんですが、最近のはこのバンドも含め如何せんどれも似たように聴こえてまいます。ま、今となってはインストファンク自体の展開が出尽くしてる感があるっちゅうのも否めませんが…
でも二十歳前後の皆さんに「そう思うんは、あんたがオッさんやからや!」
と云われれば『そーなのかも…』と甘んじて請けはします。
請けはしますが、その実、や〜っぱり目新しいモノを感じないのであります。
なので批判もあるかもですが、この前の「head hunters」みたいな方がそれこそバリバリ燃えてしまうのです。(やっぱり、オッさんすかね!?)
しかしこのバンドの歌もん、頑張っている事は大いに認めます。
ヴァネッサ・フリーマン女史もなかなかいいです。
なんか変な言い方ですが、先日紹介した BNH のアルバムが『こんな感じやったら良かったのに… 』とか聴いてて思ったりしました。
いや!これでは BNH 当人らにしては『昔のまま過ぎる』って感じになるかもやね…
ま、でも少なくとも、こっちの方がまだ「世間が求めてた路線」とまでは云わないまでも、この方向で捻ってもらう方が私には面白いし、やっぱりこっちの先に彼らの未来があるよーに思うんですが…
って、あれ!?
結局、話題が「baker brothers」の事やなくなってるし…(苦笑)
[PR]
by agstudio | 2006-07-13 23:02 | music
<< 本日のメニューは、 Harvey Mason / ... >>