音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
お気に入りブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
UA×菊地成孔 / cure jazz
d0057347_11201895.jpg2年越しの企画と云うこんなアルバムが出てました。
今ではすっかりアーティストな色が濃い印象な UA ですが、こー見えて私は、そんな色がまだ薄い頃の彼女のアルバムを2枚ほど持ってたりします。1枚は大沢伸一氏プロデュースのリラックスした雰囲気のシングルにもなった曲が1曲目に入ってる、確か通算2枚目のアルバムだったと思います。そしてもう1枚はライブアルバムです。
正直この頃は、大沢氏の仕事に興味があったり等、本人さんへの興味でないところでチェキってましたが『今では随分立派になられて…』みたいな感じを今回のアルバムでも受けました。
そー云えば、タイミングを同じくしてと云うか、元SPEEDの hiro ちゃんも前回に続き2枚目の JAZZ アルバムを出してるよーですが、売り方が上手いと云うか、自分を知ってると云うか、全体の雰囲気とかは個人的には UA の方が「いいのでは!?」と私には思えちゃいました。
もちろん私の好みもあるし、 hiro ちゃんの2nd は聴いてないしで、『1枚目みたいな内容なんやろーなー』と云う想像の元の発言ですんで、皆さんは自力で hiro ちゃんの2nd もチェキってみてください。
しかし UA 、歌上手なってます。
私の持ってるアルバムの頃は、なんと云うか「野方図」とでも云うのか、なんか端々にシマリの無さが見隠れしてたんですが、それもほとんど無いくらいに薄れて、ん〜… もしかして英語詞ってのも功を奏してるのかもですが、とにかくイイ感じです。ま、バックがよー解ってるって事の方が大きいのかも… ですが。
それと私は菊地はんの事は詳しく知らないんですが、この人も歌うんですねぇ。チェットっぽい範疇ではあるんですが、これはこれで「有り」な味です。意外で吃驚です。
しかし正直今は、歌よりサックスより「東京大学のアルバート・アイラ−」並びにその著書が気になるんですが…  皆さんはもう読まはった?
なんなんしょ!? ねぇ、この人の経歴… あな恐ろし、ですな。
うん、私のアンテナは間違い無く今「京極」に比する勢いで「東大のアイラ−」に興味が涌いとります。ハイ。

P.S.
云い忘れてましたが「ジャケ写」格好宜しいねぇ!
[PR]
by agstudio | 2006-07-24 23:19 | music
<< Letoya Rudy Ray Moore ... >>