音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Rhonda Smith / Rs2
d0057347_10344070.jpgこのお方、家のリズム師匠方の間でもたまに話題に上るのですが、そーいう時はいつも「すんごいな」とか褒め言葉と共に取上げられてまして、私も密かに注目しておったのです。
しかし、あまりにも密かすぎたのか1st の情報は出た事自体知らないと云う有り様でして、なんともはや… であります。
ところでこの方、御存知の方もあるでせうが、殿下のところで多大な仕事をされてまして、それはもー "見事" としか云いよーのない仕事っぷりです。
ですが、こー云う客演で名演をする人ってのは、意外と自分の作品で転けるケースを過去数例見てますので、今回のこのアルバムも期待は大ではありますが、そのへん実は結構心配やったりします。
『その不安を払拭してくれるよーな事を書いてる人はないか?』とネットを検索して見ると1件見つけました。
とはいえ、全くもってどーいった方のコメントか判らないので、結局判断基準にはなりそーもありませんが、その方は結構ベタ褒めでして。
1stの何とも云い難いタイトルの「Intellipop」も好評価、もちろん2nd「RS2(このタイトルも何とも安易な… )」もさらに赤マルな勢いで書かれておりました。

ちなみに「Intellipop(このアルバム現在 -入手困難- だそーです)」の1曲目「ITP」をたまたま聴けたんですが、う〜〜〜〜ん… 質の高いフュージョン、って感じで、ま、これだけでは何ともですが、全体がこんな感じなら、この1stもちょっと個人的には残念な雰囲気が醸し出されてるよーな気がします…
また2nd では、4弦、5弦、6弦、フレットレス、ピッコロと多用し、その上ボーカルまで披露してるよーです。
盛り沢山な分1st より楽しめそーな、いっぱい詰め込み過ぎて支離滅裂になってそーな、そんな両方の期待と不安がレビューを読んだ段階では入り交じっております。

つまるところ、なんやかんや云うても「聴いてみな分らん]って事ですね。
ま、殿下が“This is Rhonda … and SHE is funky!”って云ってるそーで、それは認めますし実際そーでせうが。
「誰ぞ彼女のソロアルバム聴いた方、どんな感じか教えてちょ!」
と、云うた端から、また音でなく意見を聞こうとしてたりして… (苦笑)
[PR]
by agstudio | 2006-10-16 23:34 | music
<< 御 "匣"... 御箱探訪 >>