音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Elizabeth Shepherd Trio / Start To Move
d0057347_10393074.jpgタワレビュに拠るとiTune Music Store で既に結構な売れゆきだそーで、またもや逸材現るって感じですね。
格好いいです。
ボーカル&ピアノ、ベース、ドラムの3人と云う最小単位で無駄なく、その効果を最大限発揮している、そんな印象です。
基本的に Jazz ですが、リズム自体はハネもんグルーヴファンクから、サンバあり、もちろん4ビートあり、と本人の好みか営業戦略か、いい具合にチョイスされていて飽きさせません。
しかし、各々の曲をじっくり聴くと、古今の Jazz の有名どころの一部が要所に窺えます。
これは「狙い」なのか「消化不良」なのか、聴く人の印象によってはマイナスにもプラスにもなりそーです。多分演奏の実力から考えるに「聴取者に親近感を持たせる狙い」があるようには思うのですが、Jazz 初心者にはとっつきやすく、熟練者?にはネタばれで少し評価を下げそうなきらいがあるよーに思います。
ボーカルはいいですね。
ちょっと高いレンジは、リッキー・リ−っぽく感じるところもありますが、決してスタイルを真似てるのではなく声質が近いところがあるって感じなので、云うほどには気にならないでせう。
思うに、
こーいう一見切り貼りっぽく感じる曲や、後半に1曲フランス語のバラードを入れるなどの点に、個人的には『この人、カナダ出身なんだなぁ…』と感じさせられます。
つまり「おいしいとこ取りな曲作り」には、Jazz の本場を隣国から客観的に見ている、と云う視点を感じますし、「フランス語のバラード」には、英語、仏語、両方を持つ文化圏で育ち、尚かつ自国の市場もしっかり見据えてる、と云う戦略も感じます。もちろんフランス語の曲には「アルバム内の雰囲気転換としてアンニュイな感覚を注入する」と云う純粋な役割もあるでせうが。
と、一聴 "とっつきやすい" けど、その実それだけではない色んな側面が垣間見える気がします。
しかし、何よりも強く感じるのは、ピアノ、ベース、ドラムの音質がすごくよく、楽器本来の良さが充分活かされている、そんな印象です。
とにかく、聴けば音はもちろん、演奏においても "その一体感" はビシ!ビシ!きます。
なので、聴き始めて忽ちそこで "グッ" と掴まれますし、ボーカルもイイ感じで録れてるので、さらに全体でのライブ感が増して直に伝わって来るようで、なんとも気持ちいいです。
もっと凝ったオリジナル曲は次回に期待するとして、1作目としては、音がソリッドで、巧みなアレンジを施したカバー等のキャッチ−な曲もあり、オイシイ面を上手く合わせ持つ、なかなかどーしてスミに置けない好アルバム、と云えるのではないでせうか!!

嗚呼、あぁ、こんなの作れて羨ましぃ…  
しかもこんな美貌…
なんかひとつでいいから肖りたいもんすなぁ…

P.S.
11/14付の「Conya Doss / Love Rain Down」、日本盤(ボートラ1曲有)が出てました。
いや〜思いのほか良かったです。
今回は打込み一辺倒でもない感じで、「Alison Crockett / … On Becoming a Woman …」にも匹敵するぐらいの出来と見てます。
Elizabeth Shepherd のために購入し損ないましたが必聴と思われます。
[PR]
by agstudio | 2006-11-20 23:38 | music
<< The Great Jazz ... SAW >>