音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おニュー(?)な企画の行く末は?
d0057347_19432634.jpg懸案の、
って、何やずっと「懸案」な気もしますが…
秋口あたりから暖め、転けかけた企画が、漸く始動できそうな、そんな感じです。
ですが、実のところは、これが一進一退、いやとりあえず「一退」はしてないな、でも「一進」とも云い切れんみたいな、何とも端切れの悪い進み具合でして…
個人的には些か焦燥感が募りつつあります…
とはいえ、一番基本的にクリアしなければいけなかった物理的問題は、今回晴れて克服され、それを思うと、また今回も大股ではないけれど着実に一歩進んだ、と云えそーです!(ヒ師匠!ありやとっ! 嬉!)
後は「流れを見る」だけです。
これさえ見えたら「Go!」な訳です!
その流れも、思いっきり当然に全体像をイメージ出来れば、取捨選択は2.3パターンしか無いので、事前にそれをやって来れば早いんですが、ところが、これが意外とテクニックを持つ人とかでも盲点やったりするんですよね。
斯く云う私も、その時その時で
『ははぁ〜、そー云いたかったのね…』
なんて思う事は多々ありますしね。
でも、ハッキリ云って
「も〜、こーしかない!」
って云う、お笑いで云うところの「鉄板」みたいな王道が、演奏には必ずあるんですが、その点を意外と意識出来ない、と云うか、してもらえないケースってのに、これまでにも何回も出会した事がありまして。
要は、そのための「流れの見聞」な訳です。
まぁー何にせよ1回見といて、ポイントを出来るだけフレキシブルに詰めれたら、こーいう心配は早々に一掃されると思うので、兎に角次回に期待です。
写真の電灯みたく、また寒いでせうが、負けずにバンガルずぉ〜〜〜!

P.S.
しかしK-1、シュルトが最強… で片付けていいもんすかね?
確かに歴代のスター選手に勝ったし、実質そーなんかもですが…
でも、今回のも去年のも見て一言云いたいのは、
『シュルトの試合はおもろない!』
っちゅうこってす。
格闘技のコアなファンでも何でもないし、ただ好きなだけの思いっきりペ−ペ−で、その好きの中でも端っこの隅っこの私が偉そーかもですが、純粋にそー感じるんすよね。
誰かアイツをコテンパンにやっつけるのが早く出て来ないとK-1も人気無くなるやないすかね…
そこいくと、ホースト、アーツ、"蛮ナ" あたりは、いつもながら良かったっすね。
今回はフェイトーザ、カラエフも良かったしね。
彼らに比べるとシュルトの試合は「血圧」にはいいかもですが…
[PR]
by agstudio | 2006-12-02 23:42 | Ndenua & ta's info
<< ミレーヌ・ホフマン その1 Miki Hayama / P... >>