音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Sam Yahel Trio / Truth And Beauty : feat. Brian Blade And Joshua Redman
d0057347_1121169.jpgちょっと前に発売になりました Sam Yahel の新譜。
メンバー見たら全く Elastic なだけに、かの有名な「somethin' else」が脳裏を過ったのですが、そんな事はなくしっかりリーダーとなって作られてます。
「オルガン=Jimmy Smith」なぐらいベタ極まりない私ですが、いやもちろんジョン・パットンや、ロニ−・スミスや、ジミ−・マクグリフやったか?何やったか?も数枚は持ってたりしますが、それほどまでに聴きこんでないのが現状です。
そこいくと、こないだ ECM から出て本ブログでも取上げた「TRIO BEYOND / Jack DeJohnette, Larry Goldings, John Scofield / SOUDADES」の Larry Goldings(この人は、多分90年代かそこらに、私がまだ必死こいてエアチェックしてた時期で、彼が出て来出した頃のニューヨークでのライブ録音を FM で聴いたのが最初と思います)、知った頃以降それほど注目はしてませんでしたが、このアルバムで久々に聴いて当時よりむっちゃモダンになってスゴクなってるなぁ〜とか思ってる程度でした。
それ以外でパッと思い付くのは「So Live」の人くらいでせうか。ま、でも彼はどちらかと云うと偉大なファンキーな先達(ジョン・パットンや、ロニ−・スミスや、ジミ−・マクグリフやったか?何やったか?)の系譜を次ぐ方やと思うので、少々毛色が違うかもです。
で、Sam Yahel。
云うても Joshua 関連でしか聴いてませんでしたが、調べてみるとエライ事になってはりますねぇ。
ノラ・ジョーンズのグラミー賞受賞作「Come Away With Me」、リズ・ライトの「Salt」なんてアルバムにも参加してはるんですねぇ、知りませんでした。
手持ちでは2枚目の Joshua の Elastic Band 「Momentum」しか無いので、1枚目の「yaya3」がどーだったか正直ちゃんと覚えてませんが、今回の「Truth And Beauty」では「Momentum」ほど企画雨霰っぽくはならず、しっかり自分がリーダーシップをとった作品になってると思います。企画企画してないってところは1枚目の「yaya3」に近いのかもです。
内容も4ビート主体って感じでなく、ワルツや6/8、8ビートなど飽きさせないリズムを扱っていて、ブレイドとのリズムもしっくりきていて、アルバム全体のサウンドに浸っていると、良質の ECM 盤を想起するよーなシンプルで、でもしっかりクリエイティブな、そんな感じがします。
オリジナル中心ですが、
3. Check -Up (Ornette Coleman)
6. Night Game (Paul Simon)
8. A Paz (Gilberto Gil)
なんかも取上げてます。
後、個人的に少し気になるのは Joshua です。
彼って、さらにマシーナリ−度がアップしたよーな…
いや、もちろんバンガードの2枚組の時点でも「ジャグラ−か!」と思いましたが、ここで聴くフレーズは粒と云う粒が「粒々オレンジ?(いや量が少ないし、結構潰れてるか)」、「数の子?(これは小さすぎるか)」、ほな「いくら?」、う〜〜〜ん… 丁度いい例えが浮かびませんが、なんせ粒と云う粒が "ハッキリクッキリ" でして、どんどんかな〜ん存在になっていってはるよ〜で…
まぁ、何ちゅうか、昔から誰彼問わずあるにはあるこの傾向ですんで「磨くっちゅう事は、こーいう事や」みたいなところもあって、仕方ないんでせうねぇ…
しかし、ほんま嘘英語で無理から云うなら、デビュー時期が「ジャグリング」、数年前が「ジャグリンガ−」、で、今が「ジャグリンゲスト!」みたいな、もう最上級って感じなんですが…  トホホー

ま、何にしろアルバム自体は、よく考えられてて面白いです。
ただサックス初心者には危険かも… です。
一聴した瞬間、挫折… ってな事になりかねんような…(苦笑)
[PR]
by agstudio | 2007-01-23 23:19 | music
<< 「ぱるちど あると」で、あるサ〜 お魚確保の道は… >>