音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Brian Mcknight / Ten
d0057347_10242817.jpg多分、初めて彼を見たのはグラミーか何かのパフォーマンスやったと記憶してますが、今思うとそれがデビューの頃やったのかも知れんです。その頃から風貌も歌のスタイルも変わらない、出て来た時から RB の王道スタイルを既に確立してた感があったよーに記憶してます。
しかし昔から結構ブラック全般が好きな割に、何故かこれまでじっくり聴いた事がなく、まぁ「何故か?」とは云ったものの自分としてはその理由は重々解っていて「王道でない、(今も当時も変わってませんが)"某かの変化" のあるものを求めてしまう」と云う、これまたその昔から続く自分の趣向のせいでせうから。
で、漸く10作目にして「じっくり聴いた」ってのも『どうか?』とは思いますが、今作では特に以下の2曲がお気に入りでして、それについて何やらかんやら云うてみる事にしてみます。
まずは、3. Find Myself In You
前にも書きましたが、私はどーも例の「"塔" レコード」の RB 担当とは意見が合わないよーで、この曲も後で取り上げる曲も一切ライナーのイチ押しには上がってなかったですね(まぁ、合おうが合うまいがどーでもいいんすけど… )。
そんな事は置いとき、この曲はメジャーでポップで気持ちが明るくなるよーな曲です。リズム的には先日の柴田淳はんの曲と同じく、多少今っぽくした What's goin' on ビート(と断定すると同じではないのですが、根本にその要素があると云うべきでせうか)です。多分ドラムが打込みな分、聴く側が『今っぽい』と捉える要因にもなってると思われます。
で、今「気持ちが明るくなる」と云いましたが、正直、歌詞の内容が明るいかどーかまでは知りません。ま、「Find Myself In You 」ってタイトルからして、そないに暗い内容とは思えませんが気になる方は御調べ下さい(このへんが得意の適当です - 笑)。
しかし「イチ押し」ではないにも関わらず店内では流れてまして、『ほぅ、一応分かってる人おんのね!』と思いながら、その時、ちょうど店鋪の入ってる建物の西向きの大窓から昼の陽射しの暖かかな光りが差し込んだ事も影響したのか、『あまり信号にかかりにくい幹線道路で、片側は山、反対は海、みたいな風景の中、春の陽射しを浴びながら運転する時に流れて欲しい… 』とそんな空想に耽ってしまいました。多分そんなシチュエーションにバッチリな曲でありますよ。
そして、15. Don't Take Your Love Away
こちらはマイナー調ですが、リズムのエッジが効いたミディアムスロー8で、ローズのトレモロ自体も Good なんですが、コードを1小節の中でリズム的にポイントとなる箇所でボイシングを置き換えたりベースと分数にしたりと、聴いてて気持ちのいい響きで4小節でひと回りして来る進行で、Jazzy な格好いいバックトラックになってます。
もちろんボーカルもすばらしく、ほぼ全編ファルセットなんですが、これが綺麗です!そして多分コーラスも本人でせうが、Take6 かフィリップ・ベイリ−ばりのハイノートで泣きまくってます。
他も聴いたんですが、私のハイライトはこの2曲です。ネットで彼の過去のアルバムを知る皆さんのコメントを見るに、他の曲も含め「最高」と評するものが多いよーなので、じっくり聴けばもっとハマるアルバムになるのではないでせうか。
たまには正統派 RB なんて、どないでっしゃろ?

P.S.
惜しむらくは全編打込みドラムなとこ、ではないでせうか!?
「これは!」と云う御本人の「気合の入った数曲で生ドラム」ってのも充分ありと思える好内容と私には思われるのですが…
[PR]
by agstudio | 2007-02-20 23:23 | music
<< Rad / East Babe 1/350 スケールプラモデル... >>