音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Patti Austin / Avant Gershwin
d0057347_1471572.jpgいやぁ〜、早いもんで、もー2月も終りすね。
で、本日は Patti Austin 姐さんです。
なんと! 私自身久々に目にした新譜が「ビッグバンドでジャズ」って事になってまして、『あんれま!?』と一瞬思いはしたものの、元々歌唱力抜群のこの方、私などの一瞬の『あんれま!?』 なんて、それこそ一瞬で払拭してくれました。
いや大したもんす!
ところでこのジャケ、パッと見『同姓同名の別人?』と思ってしまいましたが、少し前に例のサイトで "ユチュブ" った映像が、2.3年前のどこぞのジャズフェスで歌う姐さんの御姿(写真2:上から順で)でして、その時はさすがに "唖然、呆然" って感じでアングリ状態になってしまいました。
d0057347_15351548.jpgなんせ姐さんで私が即イメージできる御姿は、今も脈々と関係の続く私の "強面の幼馴染み" とアホ中学生時代に「ベロ、ベロ、ベロ、ベロ、ベロ、ベロ、ラズマタ〜〜〜〜ズ♪」と歌っては喜んでたクインシーの名盤「The Dude」の頃の印象が強すぎまして…
なので『同姓同名の別人?』(写真:2)と思った姐さんが、何曲か "ユチュブ" った映像の中で「ベロ、ベロ… 」を全く澱み無く披露する姿を拝見するまでは、なんか半信半疑になってもーた訳です。
もちろん私自身も歳とってる訳で、姐さんかて歳とって当り前なんですが、やはりあの "健康優良児" よろしく「ベロ、ベロ、ベロ、ベロ、ベロ、ベロ、ラズマタ〜〜〜〜ズ♪」な頃の往年の御姿(写真3:モノクロ)が脳裏に焼付いてるだけに、少々衝撃が走ってもーたのです。
それはさておきこのアルバム、ガ−シュインを取上げてます。で、これに先立つ5年前、やはりビッグバンドをバックにエラに捧ぐ「For Ella」と云うライブアルバムも出してるのだそーです。今回もライブテイクと合わせて作ってるよーですし、どーも単純に「ここにきて年輪を重ねたから Jazz やってみました!」とかでなく、わざわざライブテイクをアルバムに盛り込んでいるところからも、かなり気合を入れて取組んでおられるよーに感じます。
しかし、個人的に思い出に残るのは「Live at The Bottom Line」(写真4:鏡越しの)でして。最近惜しまれつつ亡くなった Michael Brecker のサポートも見事な作品で、私が24.5歳の頃にやってたバンドでも超有名曲「Wait a Little While」を恥ずかし乍らカバーしたりもしましたからね。
ただ私の持ってる CD では、当初日本で発売されたレコードとは「You Fooled Me」だったか「Jump for Joy」だったかが発売時とは別テイクが採用になってまして、最初に聴いたテイクがイタク良かったと云う記憶があるだけに、買ってきた CD を聴いてガッカリのしたのを思い出します。(今はなおってるんでせうかね?)
別テイクとオーバーダブは違うけど、今のスティービーの「You Are The Sunshine」に途中からホーンが被ってるテイクを、元の良さを知った人が買った気分に近いかもですね。こっちは幸い私のには一切ホーンが入ってなくて "最高!" ですけどね。
っと、話がそれかけましたが。
しかし、やっぱり、こんな「デケ、デケ、デケ、デン♪ この〜木、なんの木♪」みたいな時代(写真5:まさに "気になる木" 状態すね!)もあったりしたんすから、余計に今の御姿に哀愁を感じてまうんかもすねぇ…
ま、それでも「Patti 姐さん健在!」って事を讃えながら、このへんで終りにしときます。
[PR]
by agstudio | 2007-02-27 23:06 | music
<< Pattie Blingh A... John Hicks / On... >>