音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Pattie Blingh And The Akebulan / Sagala
d0057347_1048177.jpgなんとも "イカツイ" アルバムが出とります。なんせジャケからして、このデザイン… 子供ならヒキそーです。
で、裏もこの調子で曲名に使われてる文字も大なり小なりグニョン・グニョンに皆サイケってまして一向に読めたもんやありません… (苦笑)
で、この方について全く予備知識がありませんので、あっちこっちから情報を掻き集めますと、
2006年に「Stones Throw」からデビューした女性で、そちらでは Georgia Anne Muldrow と云う名義で活動し、今回「Ramp Records」から別名義=Pattie Blingh And The Akebulan で本アルバムを発表したよーです。
本人談なんでせうか? 本作では「Pete Rock というよりも初期の Prince を目指した」と書かれてます。
さらに大手レコ屋のレビューでは
「洗練とは無縁の生々しい音使いやプロダクション、つかみどころのないユニークなメロディ・センスは唯一無比な輝きを放ってます。相変わらず宇宙の彼方から放たれたような心地よい不協和音や不定形な粒のビート、そして Georgia の強いメッセージと浮遊するスペーシーな歌はなんとも説明のしようのない黒い魅力にあふれています。天才です!」
みたいな事になってます。
確かに「つかみどころのないユニークなメロディ・センス」や、心地よいかどーかは微妙ですが「不協和音や不定形な粒のビート」って表現はさすが大手のレビュアー!"云い得て妙" でして、どの曲も掴み処があまりない、云い換えると「所謂商業ポップさを感じさせない」挑戦的なトラックが製作されています。ボーカルも一応ダブルボーカルの手法なんですが、所謂同音程やオクターブと云う通常の形でなくて(言葉で表現しにくいす… 聴いてみてください)面白く、なんせ「挑戦」を試みてるって事がアルバム全体から窺えます。
ただ、いつもこの話をしてまいますが、やはり生のリズム隊を使ったトラックが少しでもあれば、個人的には『もっとエグイ事になってたのでは?』と云う期待があり、その点は少し惜しまれます。
後、私は Pete Rock をちゃんと聴いた事ないのでよく解りませんが、「相変わらず宇宙の彼方から放たれたような心地よい不協和音や不定形な粒のビート」と云うよーに「相変わらず… 」とあるだけに、去年の別名義のアルバムにも今回のイカツサに通づるものがあるよーで興味が涌きます。
d0057347_10484233.jpgそれと、「初期の Prince を目指した」については、一応殿下の信奉者として思うのは、初期を「For You」から3.4枚目くらいまでと捉えると、この頃の殿下って結構普通にブラコンな感じが強く『それはどーかな?』と。なので、多分「Around the World …」以降「Love Sexy」あたりの事を云ってるのでせうね!? ま、「初期の Prince を目指した」、要するに「目指した」訳ですから、必ずしもここを突っ込んで考える方が違うのかもですが、もしかしたら殿下の初期がリアルでない世代の人らには「Around the …」〜「Love Sexy」あたりも、殿下の長いキャリアからすると「初期扱い?」になっちゃうのかもですね!? なので、ここではその音楽と云うよりも "殿下の斬新さやイカツサ" を例えに出してるのかもですねぇ。
ま、それでもトータルでは、この挑戦にエールを送りたい気分で一杯です。
しかし、聴く時にはある程度心して、一定の体力を温存しといて聴かんと、後半辛くなる危険性あり、かな… と。
なんにしろ、よーこんな "イカツかるかる" アルバム、作らはったもんです…
[PR]
by agstudio | 2007-03-01 23:15 | music
<< K-1 WORLD GP IN... Patti Austin / ... >>