音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
お気に入りブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Robert Glasper / In My Element
d0057347_1111429.jpgNdenua のピアノ師匠に奨められて初めて聴いたこの方の新譜が出てました。
パッと聴きは前作の続編と云う印象です。
基本的には1つの鍵となるセンテンスを繰返し使うと云うパターンを取っており、所謂ミニマルミュージックっぽい形ではあるけど1つのセンテンスが短い訳ではないので、どちらかといえば Jazz で云うところのテーマ部2コーラスをテーマとすれば、その後通常一気にアドリブに入る一般的な形でなく、それ以降もテーマを基調としたアドリブと云うか、脈々とテーマを受継ぎ続けると云うか、1曲を1枚の布地に例えるなら、まずこーいうテーマの曲ですよと全貌をイメージさせておいて端っこから少しづつ綻ばせていくよーな、そんな展開をさせていく手法に思えます。
なので、繰返す事に耐えうるメロディやコードでないと聴いてる側にすぐ飽きられる事になりかねない訳で、1曲1曲をが充分に練られていないと間がもたない状況に陥ると云う危険性を孕んでいるとも云えそーです。
レビューによると「これが今の最先端」みたく書いてまして、確かにリリカルで、洗練されてて、格好いい、Jazz だけど Classic っぽくもある、まぁ Classic ではテーマが形を変えつつ同じ楽章の中で姿を現すのは常套手段でもあるので、本来は逆に Robert Glasper がその手法を消化して自身の作品に反映させてる、と云えるのかもですね。
日頃アホばっかり云うたりしてたりする皆様、これ聴くとちょっと "カシコナッタ" よーな気分に浸れると思いますよ!
d0057347_1111341.jpgでも無理して我慢して聴き続けると、鴨川つばめ師匠のマカロニのトシちゃん(例えが懐かしすぎますが… 子供心に "きんどーさん" のフルネームが "きんどー日曜" なんが衝撃でしたが… )みたく、身体の節々のネジが弛み、最後は頭の配線がショートして煙りが出てくるかも… なので呉々もご注意下さい!(笑)



d0057347_1112633.gifP.S.
ところで、ピアノ師匠と云えば前回のリハで "ピアノ" の正式名称が話題になりました。
Gravecembalo col piano e forte(グラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ)
直訳しますと --- ピアノ(弱音)もフォルテ(強音)も出せる大型のチェンバロ --- って事らしいす。
わかった!? ドラム師匠?(って、見てないわね)
[PR]
by agstudio | 2007-03-29 23:06 | music
<< Ndenua な諸々 無責任男 伝承 >>