音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Wynton Marsalis / From The Plantation To The Penitentiary
d0057347_1059144.jpg温泉卵系(一応云うときますが、こんな括りはないです)の師匠の中でも、只今全盛の感ある師匠の新譜が出てました。
例によってディスコグラフィとかいちいち振返らないので、その間に似たよーなアルバムがあったらすんませんが、「Blood on the Fields」に通づる多様さを見せる本アルバム、奥深いです。
もともと演奏力は云うまでもなく、またこれを云い出すと賛否両論渦巻いたりしたりなんかするよーなんで黙っときますが、ここでは『曲の練り具合がスゴイな!』と、そっちに絞ります。
パッ!と聴き、
ほんま、よぅ〜〜こんだけの展開思いつかはるわぁ〜〜!
やら、
演奏者の皆さん、よぅ〜〜〜こんだけ覚えはる!
みたいな、アホっぽい感想をまず始めに持っちゃいます。
もちろん譜面見てやってるのかもですが、譜面ベッタリではトーテ−(到底)こんな演奏出来ませんから、演奏者の頭の中の状況は "おして知るべし、恐るべし" です。
で、今回 Jennifer Sanon なるボーカル姐さんが入ってまして、ボーカルが入ってる点も「Blood on the Fields」を私に想起させる一因となっとります。ここではもちろん歌の曲も、単純AABA構成とかではなく考えてはるよーなんで、これも聴き応えあり!でせう。
と、まぁこんな感じでまだ充分聴けてないのでこのへんにしときますが、全7曲一聴では飽きさせない大いに深い内容と思われます。
しかしそれはそれで「ゴチャゴチャ凝らんと単純にストレートアヘッドで勝負せー!」って人もいるやろーし、小賢しいのが嫌いな人には逆に「1曲1曲凝り過ぎで単純に楽しめん… 」と云わはる可能性もある訳で… なんとも、かんとも…
で、ジャケの絵の首にかかる鎖から… あぁ、テーマは "あれか?" とも思われますし、それはそれでまた色々思う人はいはるでせうし、 果たして…
後、やっぱり「そんな事どーでもいいしテクが聴きたい!」って人もいはる訳で、そこについて "だけ" はもちろん存分に激しく吹きまくってはるところがありますんで、ご安心を!

d0057347_1116614.jpgP.S.
ところで、
produced by Delfeayo Marsalis
って、ほんまにしとるんすかね?
ま、別にどーでもいいっちゃ、どーでもいいんすが…
実際問題どーなんしょ!?
とか、云うたらもっと "ジレンマ" 起こしたりせぇ〜へんかなぁ〜とか… (笑)
って、こんなとこ見てる訳ないわね。
見たとしても日本語解らんやろから "ジレンマ" 起こしよーないやろし。
[PR]
by agstudio | 2007-04-03 23:58 | music
<< Natural Lawson Ndenua な諸々 >>