音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Torch / Charm
d0057347_11145078.jpg前作「Before The Night Is Over」で知って、確か難波ハッチでの公演にも一瞬行こうかな?と思ったけど、私的には "所謂普通の JAZZ テイスト以上の何か" をアルバムから感じられなかっただけに見送ったと記憶してますこのバンドが 3rd を出すよーです(もう出てるのかな?)。
早速誤解があっては話にくくなるので、先にふれた "所謂普通の JAZZ テイスト以上の何か" についてですが。
1つには、これまではオリジナルが少ないって事です。
もう何度もこれも云ってますが、あくまでも個人的な症状なので、気にならない人にはこの点で大好きなアーティストをどーのこーの云われるのは全くもって納得行かないとは思いますが、 私は数十年間ず〜〜っと "オリジナル渇望症" に罹ってますので、どれほどすばらしいカバーがあっても(いや、もちろんそのすばらしさは諸手を挙げて認めます)、逆に云えば、それだけすばらしいカバーが出来るなら尚更、オリジナルが聴きたくなるっ ちゅう症状なのです。確か1枚目はほぼオールカバー(いや、格好いいんですよ!)、2枚目でようやく2.3曲オリジナルが加わったよーな…(得意の曖昧です。敢えて調べませんよ!)、そんな感じなのです。
ですが、個人的にそのサウンドは好きなのです!
あちこちの評にもあるよーに、どことなく懐かしいよーなスタイル、サウンド、ハスキーな女性ボーカル、どこをとってもイイ味が出てまして、曲の尺も敢えて『もう少し聴きたい』と思わせる作戦かのよーにどれも短く、全てにおいて "ニクイ作り" なのです。
そんなイイ感じだからこそ余計に、オリジナルを聴きたい! となる訳でして。
まぁ、実は「知った曲からリスナーを捕まえて行く」という営業戦略なのかもですが、そーだとしたら、私はゴチャゴチャ云い乍らも聴いとるのですし、結果、思いっきりその戦略に嵌まっとる事になるっ ちゅう訳ですが。(笑)
d0057347_11161730.jpgもともとテキサス中心にジャズをやってるミュージシャンの集まりって事らしいので、それほどオリジナルオリジナルと云うのも実際問題違うのかもですが、折角こんなサウンドを作れるんだから、望めるならオリジナルと、唸らせられるアレンジの施されたカバーとを半々な割合でパッケージされたアルバムだと、リスナーとしても楽しめ、カバーの妙の発想と云う点でも勉強させてもらえるだろーなーと、都合のいい事を思っとるのです。
いやぁ〜、こんな私も "聴く方で買う方" にまわると一端のニーズを求めたくなるのです!その点、今作は H○V のニュースを読むに大分期待できそーですんで楽しみです。
上のニュース、ボーカル:シーラはんのロングインタビューが載ってます。作曲の事や諸々なかなか興味深いです。

P.S.
全く本文に関係ないですが、PLC(高速電力線搬送通信)良さげですなぁ〜!
また余裕が出来たら、うちのノタウチ回らせてますケーブルも変えたいっすねぇ…
所謂電気とは違うところを通るらしいです。
色々考えはりますなぁ〜! 大したもんです。
[PR]
by agstudio | 2007-04-19 23:13 | music
<< Ndenua REC, Ac... steely dan | he... >>