音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Conrad Herwig / Sketches of Spain Y Mas
d0057347_9461523.jpgまず最初に断っておきますが、1月にチェックしてたアルバムの投稿を今書こうとしてるので、正直ほとんど頭に残ってません。
 「なら、書くなよ〜!」
と聞こえてきそーですが、ゴールデンウィーク中に全く更新しないのも寂しいので、頑張って絞り出してみよーと、そーいう訳です。
で、これマイルストリビュートのラテンアプローチです。
メンバーは、
Conrad Herwig (Tb)
Brian Lynch (Tp)
Paquito D'Rivera (As,Cla)
Dave Valentin (Fl)
Mario Rivera (Bs)
Edsel Gomez (P)
John Benitez (B)
Robby Ameen (Ds)
Richie Flores (Conga,Per)
な感じで、あんまり見ない名前も多いかもですが、Paquito D'Rivera (As,Cla) は超絶技巧&ハイノートでこの種の音楽ではあちこちで名前をお見かけする方なので御存知かもです。
曲は、
1. Solar
2. Seven Steps to Heaven
3. Sketches of Spain
4. Petits Machins
の4曲。1曲が長尺なのでこれでもたっぷりな内容です。
まぁ、メンバーは知らなくても曲はタイトルでテーマが浮かぶかな? とは思います。
しかし、なんて云うのか、聴いてるとニヤケてきます。
要するに単純に面白がってしまうのですが、それでいて上手く料理してるなぁ〜と感心させられもします。
比べるのも何なんですが、私らも料理法の1つとしてカバーなんぞ試みる時には安易にリズムを変えるなんて事をしてみるのですが、そこはさすが! テメェらとは違い充分 "様" になってます。無防備に聴くとアレンジ的にはそーでもないのかな? と一瞬思うかもですが、いやいやこれが中々どーして。どっかの催し物会場での突貫工事系生演奏っぽい "イカニモ営業" チックなものになる事もなく、またちょーど今頃田舎のおばぁちゃんに会いに帰る "他所行きの服を着せられた子供" みたくも、当り前っちゃあ当り前ですがこの方達はそーはなってませんので安心して楽しめます。
で、そんな楽しんでる最中、ある意味私の持病のよーなものにふと気付いたのです。
日頃からジャズを聴いてますとラテンなリズムを使った曲は数多あり、それらは大体 "テーマ部のみラテンなリズムで本編は4ビートになる" と云うケースが多いので、こちらの身体も知らず知らずにそれに馴染んでるよーです。
ところが本アルバムを聴いてますと、4曲共当り前ですがテーマを終えても延々ラテンな訳です。でも先に上げた長年の癖が持病にまで昇華しているのか、テーマ部が終ると共に4ビートになりたい!と云う衝動が起こるのです。しかしその状態を無視して当然ですが耳からは引き続き否応なく御機嫌なラテンビートが注ぎ込まれ、その沸き起こる衝動と耳からの現実との狭間に起こる何とも云えん葛藤が気持ちイイやら気色悪いやらで、個人的には少々慣れるまでに時間を擁しちゃう、とそんな状況に陥ちゃったのでした。
しかし、こんな思わぬところで自分の中に"パブロフの犬" 的要素がある事が判明し、全くもってアルバム本編とは関係のないどーでもいいよーな自分の反応が面白く、ついツラツラと気付けばまたも長々と書いてしまいました。(笑)

まぁ、皆さんも何気なく "パブロフってる事" って気付いてないだけであると思いますんで、ちょっと気にかけて見ると面白かもですよ!
[PR]
by agstudio | 2007-05-01 23:44 | music
<< あこぬあ(とりあえず勝手に命名?) Starlight Consert >>