音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Norah Jones / Not Too Late
d0057347_11362882.jpgもう今さら… 感があるかもですが、今回は Norah Jones はんです。
当然、詳しくとか、思い入れとか、一時猫も杓子もグラミーも… ってな勢いでしたんで、えー加減適当な本ブログが敢えて何も云う必要などないのですが、そんな巨人・大鵬・卵焼(古いなぁ… 今は何でしょ!?)みたいな長いものに巻かれろ!チックなもんにはあまり感心を示さない、と云うか流行に敏感に反応しない私には「今頃やっと」って感じです。そんな訳で、どーぞ懲りずにおつき合い下さい。
しかし、またこんな云い方すると勘違いされても困りますんで、例によって断っておきますが、別に Norah はんが嫌いとか云うてる訳でなく、普通に流行ってる範囲とかでは知ってますし、Don't Know Why とか泣けそーですし。ただ深く突っ込んで聴いた事はないってだけの事ですんで、大の Norah はん好きの方々は呉々も過敏に目くじらをたてないよーにして下さいませ。
ほなその程度で「なんでわざわざ彼女を取上るのか?」と云いますと、彼女が "インド人シタール奏者のラヴィ・シャンカールの娘" だと知ったって事が切っ掛けなのです。
まぁ、当然デビューから世間と同じく注目して来た方にはこの事実も「何を今さら… 」なんでせうが、ほとんどノータッチな私には寝耳に水でして、少々驚いてしまってしまった、と云う訳です。
ラヴィ・シャンカールといえば、昔モンタレ−フェスかなんかの映像を見た時を思い出します。それまで行われていたロックな方々のステージが一変してインド民族音楽になって…  でも、そのガラリと変った雰囲気が無っ茶格好良かったと記憶してます。
d0057347_11365773.jpg写真引っ張ってきましたが、Norah はんの眉の濃さはお父さんのインドの血が入ってる、からのよーですね。と、納得するやいなや、
 『なら、七光りやん!』
と、速攻思ったのですが、どーやら彼女が生まれた時には母親は既に離婚してたらしく直接云々は無かったよーですね。でも今こーなってるって事は、やはり血は争えん、と云う事なんでせうねぇ。(ハァ〜、納得!)
そんなこんなで、もちろんノータッチとは云ったものの、これまでの作品も軽く流してはいますので大まかな流れは承知しております。
で、今回の「Not Too Late」。
なんやさらにカントリー色濃いよーに感じました。前作までも軽くは知ってるとか云ってすぐにもう曖昧なんですが、こんなにカントリー色溢れてましたっけ?
リスナ−のレビューやら見るに、結構カントリーの文字が見受けられますし、やっぱりこんな感じやったんすよねぇ… ???
今回のアルバムを聴いても確かにノリノリな曲とか少ないし、癒し系の代名詞みたく云われるのは頷けますが、グルーヴ小僧としてはちょっとここまで癒されると逆に辛いかな… と。
d0057347_1138353.jpgでも、tr.6 Thinking About You とかは、スローではあるけれど、グルーヴ小僧 兼 "ローズ揺れてほしい病" な私にとってはこの揺れ具合は抜群ですし、オルガンの入り具合も "かなぁ〜ん" ですし、ホーンの抑え加減もニクイです。先日この映像も見たんですが、ローズは実は Norah はん本人が弾いてます。いやぁ〜若いのに無茶無茶ベテランのよーな演奏で、歌もさる事ながらこっちにも参ったです。
後、tr.10 Be My Somebody もミドルでリズムも面白く、なかなかよろしいです。
まぁ、個人的にはどーしてもこのへんになってしまいます。次回はもっとリズミックなもんを増やしてもらえると嬉しいですね。
投稿にあたって amazon も見てますと、ゴッツイサイズ(2818 x 3645)の Norah はんの写真が6枚ほどありましたんで、1枚サイズ縮めて貼っときます。こーやって見ると、曲や実力もさる事ながら、この愛らしいルックスにあのスモーキーな声というギャップも大爆発した原因だと改めて窺えますねぇ。
[PR]
by agstudio | 2007-05-08 23:34 | music
<< 怪奇大作戦 John Butler Tri... >>