音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
お気に入りブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Michael Brecker / Pilgrimage
d0057347_10492650.jpgBrecker 師匠の遺作ってのが出てました。
確か去年の6月に Hancock 師匠のライブにサプライズゲストで現れたと云うニュースを某 Jazz 誌で見ましたが、その2ヶ月月後の8月の録音だそーです。
メンバーは、
Michael Brecker (sax)
Herbie Hancock, Brad Mehldau (p)
Pat Metheny (g)
John Patitucci (b)
Jack Dejohnette (ds)
と、師匠雨霰で Brecker 師匠の作品の意図としてはこれ以上ないメンツと云えそーですし、また実際に音を聴くとその予想通りのスンバラシイ!内容になってます。
なんと全曲 Brecker 師匠のオリジナルだそーで、それだけでも驚くのですが、その演奏も闘病中とは思えない内容で2度ビックリ!であります。
得意のちょっと小難しい一捻り二捻りなテーマも随所に見られ、そんなリスナーに飽きさせない作りは今さらながら "さすが" ですし、そればかりでなく例えば tr.4 Tumbleweed などは Metheny マグマ大使師匠(以下:マグマ大使)を意識した作りだったり(ってまぁ過去にマグマ大使の曲を取上げてるぐらいなのでもとから好きだったのでせうが、それにしてもここでのマグマ大使は "水を得た魚" と云うか "イルカ君なギターシンセ" でノリノリです!)、また後半にはミディアムでラテンっぽいリズムを取入れたりと全編新鮮です。
演奏はもちろん一切手を抜いていず、どこを切っても Brecker 節炸裂で、それが飛び火しての化学反応も相まってその他のメンバーも皆バッキング・ソロ共に好内容です。
まぁクールに見ると、やはり随所にフュージョンの匂いはします。しますが、Hancock や Patitucci と両方の畑を行き来する達人をバックに採用し(その意味では Brecker 師匠自体が両刀使いではありますが)、さらにどんなにキッチリしたカチカチのものをやっても "なぜか? 奇跡としか云いよーがないくらい、この人が叩くとそーは聴こえない Dejohnette 師匠" を全編に配する事で、所謂 "フュージョン" の枠に納まらず、実に興味深い内容になっているよーに思います。
内容もさながら遺作って事もありどーしても特別な感情でもって聴いてしまうのはやむを得ないとして、それにしてもかなりなテクニックを駆使してるのは聴いてるだけでも重々解るのに、なぜそんなに難しそーに聴こえないんでせう? これが最近の誰とはいいませんが・・・とかだと変に難しく無機質に聴こえるのはなんででせう? その手の人らの演奏は聴くと距離だけを感じ、コピーしたいなんてとても思えない(って云うか、端から出来へんって説もありますが… )んですが、 Brecker 師匠のそれは『(気のせいでせうが)なんか出来そう!』に思えるってのは(適当な言葉が見つからないので、月並みですが)ほんと "スゴイ事やなぁ〜!" と改めて感じさせられるのです。
もちろん、聴く側をただただ呆然とさせ、お口アングリ状態に放心させる超人的なものもスゴイんですが、それだけでなく『これはどのくらい時間をかけたら出来るか判らないけど、それでも挑戦してみたい!』と思わせるよーな、聴く側にやる気や興味・意欲を持たせることに繋がる作品を生み出す事に、一応テメェが端くれやって意識ももあるせいか、やはり憧れるのです。いや当然感じ方は人それぞれですので、 誰とは云いませんが・・・な方々を否定してる訳ではないですし、そんな彼らのアルバムにも気に入って聴いてるのもありますんで、そのへんの重度愛聴者の方々も、ここは一つ大目に見て頂きたいのですが。(笑)
しかしこーやって見てくると、難しい事が出来る人は今も世に数多いらっしゃいますが、 Brecker 師匠みたくその難しい中の隅々まで無機質にならず活き活き演奏出来る人はそーそー今後も現れないのではないか? と、改めてその存在の貴重さをヒシヒシ感じさせる1枚になっとると思います。

嗚呼、このアルバムでのツアー見たかったっすねぇ…
[PR]
by agstudio | 2007-05-22 23:14 | music
<< Ndenua-co 〜Afte... Marvin Gaye / L... >>