音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Ndenua リハ
d0057347_10404290.jpgやったのです。
ほんま "リハの鬼" っすな。
ふと思ったんですが ----------
そもそもリハっちゅうのは本番があるからリハな訳ですわね!?
ほな本番を中々せんとリハってばかりおる私らのコレは "リハ" と呼ぶんでせうか? ---------- と。
そんな素朴な疑問ですが、呼び方なんかこの際どーでもよろしおすねん。
なんでかぁ〜!? 云いますと、中身がいちいち毎回 "濃い" からです。
でも、そこでの会話は呆れるほど超軽薄ですけどね・・・。(笑)
まぁ、それでバランスがとれとるんでせう!

で。
現行のラテン調の曲、ようやく完成に漕ぎ着けたよーです。
当初設けていった形に尾ひれやら何やら付いて、さらにリズムもコード進行も元々とは異なる展開までオマケに付きまして、結果的に何ともゴージャスな曲になりました。
元ネタ提供者の私としては、当初思いついた時点に取り憑かれていた「ベタ格好いい」路線から抜けれずに一時はボツも頭に過っただけに、こんなふーに素材を上手く転がして料理してくれる師匠方の力量に改めて感銘を受け、途中の心配が何やったかのよーに今では中々好きな1曲に仕上がりました。
ほんま、ウレヒィ〜〜〜〜〜!っす。

それにしてもラテン調ってのは、ベタベタにやらないってのは難しいもんです。
いや、もちろん売商チックでないベタベタは、出来ればそれはそれで無っ茶理想なんですが、そこを追求すると奥深くで血の問題とかに行き着きそーですんで、そっちで勝負せずとも所謂ホンマもんに対抗出来る姿ってのを毎回模索しとるんですが、今年の初めのパルチド・アルトほどは時間はかからなかったにしろ、今回も結果的に見ると私らの日頃の消化具合からするとそこそこかかったよーです。

そーいった経過もあり、次に用意するのは
 『純粋にテーマを何回し、とかのもんにしたい・・・』
と云う願望があったんですが、如何せんキワキワに作ると、どーも手前の曲に似たりしてしまいます・・・
その出来に自分も師匠方の反応もイマイチだったので、前回終了後から新たなネタ繰りに入りまして、幸いある程度早い時期に朧げな形を見いだす事が出来まして。
しかしデモにするにはそこから若干の熟成期間が要るので、リハ前日のカツカツまで保留しもって頭の中で熟成させてたんですが、時間は待ってくれまへんので熟成半ばで作業を始めまして。
土曜日の日中に始め、夕方から夜中にかけては呑みまして(そんな状況なら行くな!と云う諸兄姉のお声が聞こえてきそーですが、変な決心ですが「行く時は行くのです!」)、帰って酔いもって気になっていたリズムを打ち直し、朝聴き直すと案の定夜中のドラムがなんとも恥ずかしいグルーヴを生んでまして・・・(汗)
そんなこんなで、どーにかこーにか形?にはしたものの・・・
これ以上皆まで云うまい、ねぇ。

しかし、そこはそれ。
あのバーンスタイン師匠ですら口で歌って伝えてはったりもしますので、不肖私もその頼りないデモにプラスして歌ってみたり、言葉で解説してみたり、飛んだり跳ねたり、思いつく事は何なりとして何とか伝えよーと奮闘した訳です。
おかげでかどーか? これまでとはガラッと雰囲気の違う新曲のサワリはやれました。
根幹となるメロも歌詞ももちろん間に合ってなかったんですが、そのサワリの段階で早速ベース師匠からお褒めの言葉を頂き、残る師匠方の無言の納得と合わせて、前日前々日のデモ作りも一瞬にして報われた、と。
今回の曲は、私自身もいつもに比べ若干捻りを意識したものだけに、ここにさらなる師匠方の料理手腕が今後加わり、最終的にどー云う様相を呈する事になるのか今から楽しみです。

年内にライブが出来そーにないのが残念ですが、忘年会の日取も決まり、気分一新の新曲にも取り組みだしって事で、今はとにかく制作に集中し来るライブでは
 『80〜90%もしくは100%新曲な勢いで行ったろーやないか!』
ってな感じでおります。

P.S.
でもやっぱり演奏したいので、ここでもチョコチョコ書いてます別口で、なんとか早めにライブに漕ぎ着けたいと思ってますんで、その際にはまた別口について大いに語らしてもらいます。

写真は、ドラム師匠がどーやら今トキめいておられるらしいガッキーはんです。
斯く云う私もこんな感じでポッキー勧められよーもんなら、即効大人買いしてまうでせうが・・・(苦笑)
[PR]
by agstudio | 2007-11-25 23:42 | Ndenua & ta's info
<< Kiyoshi Kitagaw... Joe Henderson /... >>