音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Angela Johnson / A Woman's Touch - Vol 1
d0057347_235653.jpg 皆さん! もーこれ聴きました?
 「昨今、RB のグッ!と来る新譜に出会わない・・・」
 と私同様お嘆きの諸兄姉様方に、久々によろしおす内容のアルバムやないかいな?と、そない思えるアルバムっす。
 まず何が "よろしおす" かって、全15曲(tr.1 は Intro なので、実質14曲)の内3曲を除く11曲は全て生音な感じ(この時代サンプリングが優秀なので、なかなか判断の難しいもんもあり言い切れませんが、無機質な感じは薄いので、私としては "良し!" としてます)なのが嬉しいのと、それだけでなく楽曲がよく考えられたコード進行であったり、分厚いコーラスが入ってたり、巧みなホーンアレンジも有り、とほんと良く出来ててさらに嬉しいのです。
 後、メンバーがゴージャスです。
 Rahsaan Patterson、
 Monet、
 Claude McKnight(Take 6, Brianの兄)、
 Maysa Leak、
 Eric Roberson、
 Frank McComb、
 Julie Dexter、
 Gordon Chambers などなど
 浅学な私には知らない名前もありますが、RB 好きな諸兄姉には垂涎もんでせう。

 では曲をピックアップしてみます。
 tr.2 Dream Flight - feat Rahsaan Patterson
 この方はデビュー当時から、ウチのベース師匠からの情報等で注目はしてたんですが、

(以降は、コチラ←クリック)
[PR]
by agstudio | 2008-03-14 23:28 | music
<< 「あしたの、喜多善男」オリジナ... リハァ〜〜〜〜サル >>