音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
お気に入りブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Gonzalo Rubalcaba / The Trio
d0057347_17233233.jpg このアルバムを初めて聴いたのは、とあるお店に演奏に行った時の事でした。
 演奏明けに BGM で流れるこのアルバムの多分 Caravan(だったと思う)の、あまりの緊張感に惹き付けられてしまったのです。
 マスターに
 「このアルバム、誰ですか?」
 と聞くと、タイトルのお返事が返って来たと云う訳です。
 それから何年経ったでせう?
 よーやく全貌を聴く事が出来ましたが、いや〜、やっぱり、当時の印象は間違ってませんでした。 おっそろしぃ〜内容です!

 先に一言断っておきますが、実は Gonzalo はんのアルバム正直そないに聴いた事ないんです。
 多分彼名義のアルバムは持ってないですし、思い当たるのは Charlie Haden のモントリオールテープシリーズで1枚持ってるくらいですが、それも大分経つのであまり中身を覚えてません。
 でも、彼が上手くてテクニックも凄いのは重々承知してますし、キューバから鳴り物入りの登場だったってのも覚えてます。ですが、私の場合当時のマスコミにのせられる事なく今日まで来たよーでして。
 それでもインパクトある名前のフォーだけはちゃんと覚えているにも関わらず、何かにつけ「ゴンサロ・"バンバンビガロ" 」とか、もしくは原型もなく「クラッシャー・バンバンビガロ」とか、全く当人同士は無関係であろー往年のプロレスラーの名前を、若干の発音上のニュアンスと笑いのためだけに自分の周りで口にしていたと云う、アホな状況の記憶のフォーが先に出てくる、そんな具合でして。(苦笑)
 ほんと、コアなファンの方には申し訳ないです。

 ではサイドマン、まずはベースの Brian Bromberg 。
 この方が、あちこちで相当なテクニシャンと謂われてるのは知ってまして、多分その通りなんでせうが、これまたちゃんと聴いた事がないのです。
 ちゃんと聴きもせず偏見を持つののはどーか?と思うのですが、

(以降は、コチラ←クリック)
[PR]
by agstudio | 2008-08-28 23:22 | music
<< Sade / Lovers Live Ndenua 情報! >>