音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
お気に入りブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
iTune
d0057347_0291846.gifこれも今頃かもですが、ハマってます、iTune に。しかも音源をパソコンに落してとかでなく、またアップルストアで購入でもなく、ネットラジオにです。
ま、誰しも最初はあっちの局こっちの局と聴いてみたでしょう。しかしそうした人は御存知のように、なかなか自分にフィットする局がない… のです、これが。ジャンルが細分化されてて確かにその時その時のニーズに応じたものを探すと云う上では文句のあろうはずがありません。ましてや私好みな jazz なんてドルフィーやら厳しいどころばっかかかるものまであり、ただただ平伏するばかりです。
ところが如何せん日本人です。同じものばっかは、それはそれで厳しい、と云う、ある意味贅沢なような、それでいて至極当然のような思いが、聴き始めてややもすると頭を擡げるのです。
そしてそれに耐えうる私好みの局をこのほど目出度く見つけまして、最近はもっぱら仕事中「これ」一辺倒です。
で、それはと云いますとジャンルは urban で、Boombastic Radio 「The Global Home of Streaming Funkanology」と云うところです。
最初はR&BやFUNKのかかるところを探してたんですが、そういうジャンルでは歌モンより HIPHOP が多いんです。で、ここを聴いた時そうでもないのがかかるようだったのでなんとなく聴きはじめたのです。するとR&BやFUNKはもちろんHIPHOP もレゲエもラテンもハウスもJAZZも何でも来い!なんです。これぞ私にピッタリ!と云う訳です。全編系統を無視した選曲で流してくれるのも面白いし、しかもMCは番組名が時々入るのみ、と、云う事なし!です。
「そんなに推すなら、聴いてみよか…」とお思いのお方、ちょっとお待ち下さい!
云うときますが、あくまで私にピッタリでして「貴方にピッタリ」かは責任持ちません。つまらなくても(しばらくハウスが長引くと正直眠い時もあります)知りません!理想は音楽に集中するのでなく、仕事などしながら聴く事。すると「おや!」と思う光る曲がかかったりして得した気分になれる!と云う事なのです。
はい、心構え分りましたか? お分かりでしたら、ど〜ぞ!

で、ど〜しても物足りなければ、気合いれてjazzの「コルトレーン・オーネット・ドルフィー・ミンガス」でも聴いて、地中の奥深く撃沈しなはれ!
[PR]
by agstudio | 2005-11-30 23:06 | music
Live At Cafe Bohemia 1957 / J.J.Johnson
d0057347_22142144.jpg発売前の情報を適当に読んだり聞いたりしてたので勘違いしてましたが、いざお店に行って見るとしっかりCDでした。てっきりLPで限定発売とばかり思ってたら、どうも27年前の350枚限定とごっちゃになってたようで今回はCDで999枚限定が正しいそうです。
で、このアルバムが録音された1957年はJ.J.JohnsonもTommy Flanaganも絶頂期だったそうで、その時期のライブと云うだけで涎もんです。
他のメンバーもBobby Jaspar(ts,fl) Wilber Little(b) Elvin Jones(ds)と、なかなか良さげ。余計に興味が沸きます。
ところがです。実際聴いてみると、如何せん録音が…
多分モノラルなんだからでしょうけど、やっぱ低音とか中心に全体的にモコモコしてるんすよねぇ、おしいすねぇ…
こうして聴いてみると、なるほど!これが999枚、あるいは350枚、と云う所以か、と考えられるのです。ま、この数ならコレクターで全部ハケる、と云う売り方なんでしょう。いやほんま音質良かったら間違いなく買います!
で、後どうでもいい事なんですが、ジャケ写が「これどこ?」なんです。
表はもしかしたらCafe Bohemiaなんかもです… いや正直Cafe Bohemiaなんて行った事ある訳ないですしね。でも裏は明らかに外。Cafe Bohemia 関係ないやん!?しかもBobby Jaspar は卒業式休んだ人みたいになってるし。
で、じっくり見たら表も裏と同じ雰囲気を感じるんですが、ま、もしかしたらCafe Bohemia の写真は残ってないけど、どっか外で同じメンバーでやった写真は残ってて、でもそこの音は残ってない、みたいな。で、両方「合わせ技」的なアルバムってなとこが事実なんかもですね。
[PR]
by agstudio | 2005-11-28 23:53 | music
見て来ました。
d0057347_0482216.jpgかねてから出演する当人と話してました演奏を見て来ました。当初話した8月に行けなかったので、やっとって感じです。
それにしてもクリエイティブな内容で、またまたやる気を起こさせてくれる、そんな印象を受けました。
しかし皆上手いです。
中でも(内輪っぽい感じにとられるでしょうが、そうなんだから仕方ない!)わ○んべ氏は自分が一緒にやってた時からそうでしたが、今回のようにまた違うところで見ても、やはりキレてました。特に今日は席が近かかったのもあったんでしょうが、スネアは抜群にイイ音がしてまして、アクセントをつけたり、ブラシュワーク等々、繊細な部分もダイナミックな部分も全てを余す所無く堪能できました。
曲も全てバンドのオリジナルと云う事で面白かったですし、様々なリズムパターンを試みたりと、勉強になるところも多々あり、大いに刺激されました。
そう云えば、自分もまた後2週間くらいの間に1曲作らないといけないのでした。
それに何らかの影響があるかどうかはわかりませんが、例によって「よっこいしょ!」的な取組み方でなく、少なくとも今はいつもより前向きな感じでやれそうな、そんな思いであります。
先日自分のライブで云われた「身近な人の演奏を見ると刺激になります。」と云う言葉をそのまま今自分が感じてる、そんな状態です。
[PR]
by agstudio | 2005-11-27 23:34 | diary
PRIDE 30
d0057347_10114172.jpg珍しいな〜昼間に放送なんて、と思いながら&2日酔いと戦いながら見ました。
「瀧本×ユン」…ある意味予想通りの展開でした。結構殴り合いをしようとしてたのは意外でしたが、ま、あんな感じでしょう。辛勝ながらも勝てた事は良かったと思います。瀧本はんの今後に期待です。
「戦闘竜×ズ−ル」…ズ−ル、あれは人間ですか!? 戦闘竜が大人になったみたいな感じでしたが、どうみても人間離れしてます。夜、暗闇から出て来られたら貞子以上に驚きそうです。ま、しかし戦闘竜は対戦カードに恵まれてないと云うか。でも今回のレフリーの判定は実況や解説も云ってましたが、確かに納得しかねるところがありましたねぇ… ついてないですねぇ。
「ミルコ×バーネット」…ちょっと膠着し過ぎでしたね。ミルコの試合には誰もが豪快なエンディングを期待してると思うのですが、今回のような相手にまだ苦戦するところを見ると、やはり「ヒョードルは遠い…」って改めて思いましたねぇ。
「桜庭×シャムロック」…一瞬でした。顎にヒット。ほんまに効いたんか!?と思いましたが、なんせ10kg近く増量の桜庭、やはりパンチも以前より重たくなってるんだろうなぁ〜と思われます。
ってな感じで「STARTING OVER」と題した今回の闘いでしたが、皆さん頑張ってはります。世界は全く違いますが私も精進であります!
[PR]
by agstudio | 2005-11-27 16:46 | sports
31年振り金、35年振り金銀
d0057347_23561082.jpgオリンピック以降静か(って、仕方ないんですが…)だったんで興奮も冷めてましたが、メルボルンで快挙ですねぇ。
こないだの団体優勝も、ロス(古〜!)の森末や具志堅とかの時以来の感動でしたが、いやあこれは今度の北京に向けいい弾みになりそうですよ!
体操では、個人的にはやはり鉄棒が好きなんですが、なぜか最近皆離れ業少ないんですよね…  技を入れなくても点数が採れるからなんでしょうが、捻りばっかりだとなんかつまらないです。
出来たら最低2つは離れ技入れるくらいにルールをしてもらいたいもんですが…
今回2位になった水鳥は3つも離れ業入れて会場は大沸きでした。やっぱり見栄えするもんねぇ!是非今後は2つは入れる方向で、お願い!
それにしても富田は、もうほんまに北斗の拳クリソツになって来たと思いません!?
それにしてもアイフルもビビるくらいの上半身。肉襦袢でもああはならんのやないでしょうか…
と云う事で、ま、間違いなくここ数年はケンシロウの天下が続きそうです。
[PR]
by agstudio | 2005-11-24 23:46 | sports
Cellar Door Sessions 1970 / Miles Davis
d0057347_0123018.jpgつい先日コメント欄に「今日出ますねぇ〜」と書いて内心嬉しがってたんですが、なんの、なんの。またまた延期らしいです…
なんと12月27日発売予定… だそうで、これで3ヶ月延びました。
とかく、大物ミュージシャンによるこういった延期のケースは決して珍しいものではなく、皆様もそれぞれ贔屓のミュージシャンのアルバムの発売延期にヤキモキさせられた事がお有りでしょう。私らの贔屓の人で最近(って云っても数年前ですが)あった人はエリカ・バドゥの2ndがそんな事になったのを覚えてます(でも1ヶ月くらいだったと思いますが)。
しかしこういう話は、生きてるミュージシャンでよく聞くように思いますが、すでに亡くなっていてこういうのってあんまり無いような… (最近あまり注目してないんですが、ジャコとかのなら今でもあるんですかね…?)
そう考えると、やはりマイルス! 死んでも大物!
しかし本当のところは何で遅れてるんでしょ!?
遅れるんは仕方ないけど理由を知りたい!と思うのはオレだけか?
もっと検索したらどっかに理由書いたページがあるんかもですが、そこまで必死に調べようと云う気は残念ながらないのれす… 
と、云う事で、12月27日まで待つしかないすねぇ…
[PR]
by agstudio | 2005-11-24 23:20 | music
FIRE SKYMAX 微糖
d0057347_14152068.jpg例によって「微糖」です。
御存知CMで反町はんが「僕らのナマカ」の東 八郎の息子TAKE2の東の「アズマッ〜クスッ!」ばりの気合で「スカイマッ〜クスッ!」と叫んでます、あれです。
で、結果からいいますと、やっぱし「甘い!」です。
さすがにここに来て、もう「微糖」への期待は止めようかな… と考え出しています。
しかしこう何年も変わらない状況を見ると「微」と云う漢字に対する缶コーヒーメーカー側と消費者側との見解には最初から大分ズレがあるのかな? と思います。
で、今一度ネット辞書で「微」を検索してみると、
---------------------------------------
【微】 び  (名・形動)[文]ナリ
(1)非常に小さいこと。きわめて細かいこと。また、そのさま。
(2)かすかなこと。わずかであること。弱々しいこと。また、そのさま。
---------------------------------------
って事です。
なのでやはり我々の感覚は「間違ってない!」と改めて思うのですが、まあ、感覚と云うのは人各々と云われればそれまでなので何ともな気もしますが『それにしても…』なのであります。
と、云い乍らまた今後も新製品が出れば確認を続けるとは思うのですが、それ以外は「asahi のストレートカフェ」(最近はもうこれオンリ−って感じです)で行くと思います。
と、云う事で次が出ましたら、また。
[PR]
by agstudio | 2005-11-22 23:02 | foods & drink
マルちゃん 麺づくり 鶏ガラ醤油
d0057347_10132535.jpgさっ!またこっちに戻ります。
2種類目です。
麺は「20番丸刃切りの細麺」と書いてます。確かに細麺でしたが、20番か何番かまでは詳しくないのでわかりません。どうもこの呼び名からすると色んな種類の麺切り包丁?があるようですね、勉強不足です。
で、食感はと云うと、インスタントなのに麺切りにまでこだわるだけあり、前回の太麺同様文句なしです。
スープは鶏ガラ・豚骨ベース。個人的には本物のラーメンでもこの組み合わせに結構ハマってまして。なのでこれに文句のあろうはずがありません。
プラス、煮干し・鰹・昆布も入ってまして何を云う事がありましょうや!?
旨い限りです。
かやくはメンマ、ナルト、焼き海苔2枚。メンマがお湯で食感が戻るのか心配されましたが、焼そばでの最近のキャベツの食感しかり、全く問題なしです。すごいもんです。
で、焼き海苔は当然メンマとかとは別袋で付いてまして、入れたいタイミングで入れてパリパリ感を味わうも良し、出汁に浸かった感を味わうも良しと、いい感じでした。
結論として、やはり前回同様、生麺タイプに(もちろん直接対決では勝ち目はないですが、値段的なものを含めると)対抗できそうなくらい大変優秀と思われました。
懸念された麺の量は、やはり気持ち寂しいかな… とも思いますが、全体的には「いい線行ってる」と云えそうです。
[PR]
by agstudio | 2005-11-21 23:58 | foods & drink
LIVE at BIRD
d0057347_10574124.jpg昨日って云うか数時間前ですが、暖かい雰囲気の中一頻り頑張らせて頂きました。
来店して頂いた皆様(結構知った顔が多かったんですが)!本当にありがとうございました。このブログをどのくらいチェックして頂いてるのかわかりませんが、心より感謝しております。

しかし終ってみると早いもんです。
ありがちな話ですが、やはり準備不足は否めない中それでもなんとか今の自分らなりのものをお届け出来たかな… と改めて感じております。
いや決して満足してる訳でなく、中田英ではないですが「うまくいった部分もあれば、課題もたくさんある」訳で「今後ともさらなる精進をしていきたい」と4人それぞれに思いを抱いている、そんな気分です。
にしても、まあ1st は我乍ら久々に少し緊張しました。
ちょっとビブラートやない震えが来てたりして、『おっ!俺震えとるがな…』とやりながら自覚したりして…(苦笑)
ま、具体的な事は止めにして、とにかく「演者と客席が一体になって楽しめるライブを今後も目指していきたい」と思いを新たにしておりますので、今後とも新婚夫婦を送りだすような眼差しでもって見守って頂けると幸いです。

それと、昨日来られてた同業者?(ミュージシャン)の諸先生方!
対バンに困った時や何かの際にはどうぞ前座で使って下さいまし!
ただ、如何せん厳しいノルマの時に関しましては当方営業力不足のため無理な時もあるかと思われますが… 
ま、そんな感じで可愛がってやって下さい。よろしくど〜ぞ! m(_ _)m

set list
1st)
silence 〜 cameleon(ボニ−・ピンク,h hancock)
colors 色彩
for a while
around the world
L.C.H.

2nd)
teachin' my way
lookin' for myself
people make the world go round(誰でしょう?最近ではマーカスがよくやってました)
come with me(tania maria)
softly
----------------------------
作曲者表示のないものはオリジナル。
[PR]
by agstudio | 2005-11-21 01:31 | Ndenua & ta's info
Qちゃん、藍ちゃん、真央ちゃん、タイガーちゃん、加藤ちゃん。
d0057347_9521244.jpgしかしスポーツってのはいいもんすねぇ。
見ましたか? Qちゃん復活!を。
怪我を感じさせないあのスパート。正直「グッ!」と来てしまいました。
レース前にのマスコミに流れてる情報からはとても想像できない走りでした。
多分置いていかれた外人選手2人もそんな気分ではなかったか!?と思いました。
「高橋は裏のない人」みたいな印象が全国民に受入れられてる感がありますが、あの展開からすると、今回の怪我報道の時点から彼女は勝負を始めていた、レース前から所謂勝負の世界における試合巧者に立つべく作戦を実行していたんだな、と感じさせられました。それぐらいこの東京に賭ける思いが強かったって事ですね。
ま、とにかく、ただただその真摯な姿勢に平身低頭であります。

そして藍ちゃん。やっぱさくらには申し訳ないですが1枚も2枚も上手ですねぇ。
なんか隠し撮り云々が週刊誌の見出しに載ってましたが、負けずに頑張って欲しいです。でも結局賞金女王は『ドランクドラゴン塚地(笑)』に持って行かれそうですが…

でもって、真央ちゃん。すんごいね。
ほんと年齢制限云々で主な大会に出れないのは可哀想です。
女性は特にハード系なスポーツ選手は寿命が短い人もいるので、旬な時期に出場させてあげたいっすけどねぇ。特例とかで出れんのですかねぇ…

さらにタイガー。
でも横尾要も偉い!し惜しかった。しかしプレッシャーのど真ん中での2人の痺れるプレー見たかったです… 後で記事で見ただけでもその緊張感は充分伝わって来ましたが、やはり映像で見るのとはね…
これじプロ!って云う勝負だったでしょうに、あ〜残念。

さらにスピードスケートも世界記録出たんですねぇ…
やっぱりこういうハード系のスポーツは大変です。
しかしこの記録には1つの時代が終る… そんなような感じがしますねぇ。

さらにスルット大阪がいつの間にか2位に浮上らしいじゃないですか!?
大阪決戦の様相を呈して来ましたね、楽しみ!

と云う事で様々な事を書いて来ましたが、実際チェック出来たのはQちゃんだけやったんですが、いやはやすんごい日曜やったんすね。夜中のスポーツニュースも見れんかったし月曜にいくつかやってくれんかなぁ…
しかしマラソン中継、スパートの瞬間捉え損なってました。第2か第3中継車に振ってたんですよねぇ。画が戻って来たらすでにスパートして差がついてる状態だったんですよねぇ。振り返ればスパート前に素人の私にも分るような兆しと思える動きをQちゃんがしてたんですよ。ま、上に書いたような体調の事やらがあったので放送側も「まさか!?」の展開ってとこが実態なんでしょうが、あれは大失態ですねぇ… 
もっと責任者に勘のいい人がいないと… もったいなさすぎます…
[PR]
by agstudio | 2005-11-20 14:30 | sports