音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
お気に入りブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
Jim Rotondi / Iron Man
d0057347_116252.jpgおっ〜〜! ネオか〜! マトリックスかぁ〜!
と、一見そんなグラサン姿のジャケですが、内容はなかなかクールです。
メンバーは、
Jim Rotondi(tp,flh)
Jimmy Greene(ts,ss)
Steve Nelson(vib)
Doug Weiss(b)
Bill Stewart(ds)
です。
Jimmy Greeneは、以前紹介したMyron Waldenのアルバムでも吹いてましたが、その時よりは真面目?にやってる感じです。ま、そこで暴れてる感じを知ってるだけに少し物足らん気もします。
Steve Nelson、当然この人がこのアルバムのクールさを醸し出してます。しかし楽器が楽器だけに仕方ないと云えば仕方ないんでしょうが、なんかバッキングが単調に聴こえるのはどうしてなんでせう? いやDave Hollandのとこでは、そんな風に感じた覚えがないだけに、ねぇ!? やっぱりメンバーによって変わるって事でしょうか? ちょっとそのあたり聴き比べてみないといかんようですね。
Bill Stewart。同時期に発売され2月15日に紹介したJesse van Ruller「Views」でもこの人がドラムでして、その内容の良さでこれも買ったってのが正直なコトロです。もちろんここでもBillはいい感じです。でもなんかJesse vanの時よりグルーヴがないような…
それってDoug Weissのせいでしょうか… この人よく知りませんが、どうなんでしょう?
でも全体としては全8曲中5曲がオリジナルとJimも頑張ってますし、Jim自体のサウンドもクールで結構いいです。この人も実は初めて知ったんですが秋吉敏子のとこやら何やらあっちこっちで頑張ってはる人のようです。

とはいえ、このアルバム、メンバー個々の実力は皆スゴイです。でも私には何か物足らん… のです。「カッチリしたタイム感でややこしいフレーズをキッリチ納める」=「いい演奏」な方程式は成立するとは思うんですが、でもそれだけじゃなんか寂しいのです。
従来リズム、リズムと云って自らを(恥ずかしながら)「リズム小僧」などと呼んで来たんですが、そういう意味ではこのアルバムもメンバーのリズムもバッチリな訳です。それなのに『グッ!』と来ない。って事は『つまりはグルーヴ感の問題やな…』と。なので私は今後「グルーヴ小僧」で行きたいと思います。
実は前々から気付いてはいましたが、このアルバムや、この機会に最近の若いテクニカルな人らの演奏を思い浮かべてみてさらにハッキリしました。
ま、私を知る人は「今さら何云うてんの!?」と思ってるでしょうが、敢て云うてみた、そんな調子ですわ。
ここまで云ってきて何なんですが、別にこのアルバムが悪いと云ってる訳ではないのでコソンコトよろしく!
ここでの話は、あくまで私個人の趣味ですし感覚ですんで、トソンココよろしく!

P.S.
とか云いながら、もう1回聴いたらむっちゃ良かったりしてねぇ… (苦笑)
やっぱ、もう1回聴〜こぉ〜っと!

にしても中田英のゴール、救われたねぇ…
[PR]
by agstudio | 2006-02-28 23:52 | music
Prince / 3121
d0057347_121777.jpgこれでこの殿下の新譜について何回目の投稿でしょう?
それぐらいあちこちで話題になるんやから、やっぱ殿下はスゴイれす。
で、今日の写真ですが、どうやらこれがジャケ?になるんでしょうか…、何かそんな模様のようで。
そんな写真を見ながら記事をフニフニ読んでますと「日本盤の特典が!?」と云う太字見出しが目につきました。
何やら「プリンス邸でのシークレット・ライヴ入場券<パープル・チケット>ほか」が当たるアクセス・カード」が付くらしいです。
アクセス・カード賞品内容は下のような感じらしいです。
------------------------------------------
・Aコース:<パープル・チケット>を1名様にプレゼント
 プリンス邸でのシークレット・ライヴ入場券<パープル・チケット>が1名様に当た り
 ます! (締切:2006/3/22(水)15:00)
・Bコース:100名様にプリンス『3121』特製Tシャツ・プレゼント! (締切:2006/ 
 4/28(金)15:00)
------------------------------------------
恒日頃殿下を尊敬して止まないんですが、ここまででひとつ疑問が…
音楽以外の細かい情報まで抑えてるコアなファンなら周知の事実なのかもですが、そこまで興味のない私には「プリンス邸」がどこにあるのか? が、まずね。
やっぱミネアポリスなんすかね?
ミネアポリスにはペイズリーパークスタジオがあるんよね!?
確かそこにホールもあるよね、シークレットライブってそこでやるんじゃないの?
つまりペイズリーパークスタジオに家もあるってこと? どうなん?

んでもって、もしチケットが当ったら1人で現地までは行くんはタイソウやな… とか。ほんなら『そうか!当ったらオークションに出したらいいかも!』とか。

今の内に色々考えてみて喜ぶんは勝手やからね。
ま、終ってみたら宝くじやトリノ五輪みたく「あれ!?」やったりするんやろうけど…

ほんで「プリンス邸」ってどこ〜!?

P.S.
Bコースの特製Tシャツのデザインが格好悪そうな予感がすんのはオレだけか…
[PR]
by agstudio | 2006-02-27 23:41 | music
どうでもいいんですが…
d0057347_20463647.jpgまことにどうでもいいんですが…
今「99サイズ」をチラっとつけますと「加藤ローサ」なる女の子が出てました。
その子が上の写真です。
まぁタレントなんでしょうが、主に何をしてる子かとか、全くの知識皆無でして。とにかくアイドルって感じでしょう。
この写真ではそうは見えないかもですが、どうもハーフかクォーターらしいです。
で、要はその子を見てたら下の写真の『国仲涼子」はんに似てるなぁ〜』と思った訳です。
いや!もちろん瓜二つとはいきませんが、似てますよね!?
「だから?」って、それ以上何もないですよ。
只、それだけなんです。今日は。
いつも何やかんや云うてますんで、こうあっさりだと物足らんって人もあるかもですが、たまには、ね!ちゅうこってす。
そう云えば国仲はんは沖縄出身ですが、沖縄の人(いや、偏見とかやなく単純にですよ。もちろん全部がそうって事でもないですしね… 勘ぐらんでくらはいよ!)って、ちょっとエキゾチックって云うか、そういう方、結構居はるように思いません!?
だから『そういう何かがあんのかもなぁ…』とか、チラっと、ね。
単純に、そういうのも無きにしも有らずって感じかな〜??? っと。
[PR]
by agstudio | 2006-02-25 23:57 | person
Donald Fagen / Morph The Cat
d0057347_23234520.jpgヨーロッパでは中世から今も語り継がれます、美女の生き血を求めて夜な夜な… 
と云うあの伯爵に、少し上向き加減で歌う口元から「キラッ!」と覗く2本の犬歯とグラサン姿が、まるで生写しのように思える…  とまぁ、この師匠の映像を見てますと、ともすると「ほんまもんちゃうかぁ?」と疑いを抱く自分を発見したりしるんですが…
そんな風に云いながらも敬愛し尊敬して止まない Fagen 師匠の、何と「Kamakiriad」から実に13年振りの新譜が3月14日に発売予定だそうです!
いやぁ〜驚きです。下手したら1日もたってないのに「荒川の金」よりビツクリ!な感じです。
ところで、いつもながらH○Vの書込み欄を見ますと、これまた何と1番早い人は1月11日に書いてます。ほんと世の中情報通な方おられますねぇ。
で、それらのコメントの中にはオフィシャルHPで試聴が出来る旨書かれてる方もあります。私もまだ聴いてないので、後で見に行って見る事にします。
そして今回のメンバーは、スティーリー・ダンのレコーディングにも参加するドラマー、キース・カーロックのほか、ギタリストのウェイン・クランツ、ジョン・へリントン、ピアニストのテッド・ベイカーらが参加って事なんで、復活後のSDも結構好きな私にはまぁ安心出来る内容が予想出来るのも嬉しいのです。
しかし、ソロが実は三部作だったって事知りませんでした。でももちろん前ニ作は所有しておりますですよ〜。ま、三部作と知ればそういう意味でもまた楽しみやないですか!ねぇ!
んで、このジャケ。いつもながらな雰囲気を醸し出してくれてまして思わずニンマリしてしまいます。
って事で、皆さん3月の発売日を待ちましょう!
しかしなんか気が付けば、3月にイ〜ッパイ注目のアルバムがあるやないすか!?
こりゃ来月間違い無く懐がバヤそうです…
[PR]
by agstudio | 2006-02-24 23:05 | music
初モノって事で
d0057347_23321694.jpgいや〜良かったっすね。
1コでもとれて。
しかも、それが金色で云う事なし!っすね。
どうもこの感じやと後にも先にもメダルはこれのみって感じやし、そうなったとしてその唯一のんがゴールドって事で、まぁ何ちゅうか、ねぇ、ですわ。
結局、私は起きれんくて、やっとこせ表彰式を見たんすが、やっぱり国旗掲揚で君が代は痺れますねぇ…
今見て改めて思たんは「あの短さ」がいいんでせうね。シンプルで余計なもんがないっちゅうか… 
今回はもう聞けんと思ってただけに、荒川の演技も見てないのに、国旗掲揚のシーンだけでウルりそうでしたっす。

d0057347_23301143.jpgそのお祝いにしてはリーズナブルすぎるかもですが、お昼にマクドの「イタリアン チキンサンド」をば食べてみました。
「野菜たっぷり煮込みトマトとモッツァレラチーズが決め手」らしいすが、何やろチリ?ちゅうか、タバスコ?ちゅうか、ピリ辛なソースが旨かったっす。でも如何せんそのソースが手にイッパイついちゃって若干食べにくいかなぁ〜ってのがちと減点。
でもトータルでは主役のチキンも旨かったし「良し!」と云えそうす。

で、ここまでのこの脈絡の無さが少しばかり鬱陶しいかもですが、ようするに本オリンピック初メダルと、「イタリアン チキンサンド」の初食、と云う「無理から初繋がり」ってこってす。皆さんも「イタチキサン」期間限定ちゅうこってすんで、早めにいったってくらはいまへ!
[PR]
by agstudio | 2006-02-24 08:09 | foods & drink
+81
d0057347_1029187.jpgちょっと大揺れすれば簡単に生埋めになるほど、とは云い過ぎですが、それくらい好むと好まざるに関わらず部屋に書物が積まれてまして、しかも『読みたい』と云う思いが先行しての一種のフライング状態の為多くは未読でして、その上速読とか試みようと思った事もないばかりか、遅読まではいかないものの「ジックリ派」ではあるので、余計にそんな状態になってしまう訳なんです。
当人はもちろんそんな現状を重々理解してるのですが、「3たい!(読みたい!買いたい!揃えたい!)」な本ってのがドシドシ出て来ますのよねぇ…
そんな揃えたい数冊のうちの1冊を購入しに久々に梅田のジュンクに行ったのです。
まぁ〜ジュンクなら種類も同じ本のストックも豊富だろうし、単純に「在庫が多い=装丁含めて出来るだけ美麗な状態で手に入るだろう」と云う希望にもそってくれそうに思ったのです。
御存知のように天井近くまで聳え立つ書棚の間を迷路よろしく巡って目的のモノを見つけたのですが、これが意外と種類が少なく的外れでして。でも取りあえず今は揃える事が目的ですので順番やら細かい事は無視して、なるべく「良さげ」な逸品を購入し、その場を辞しかけた時、視界の隅に壁一面に大展開してますこの雑誌を佳い間見たのです。(前フリながっ〜!)
皆さん知ってました? 河出書房新社の「プラスエイティワン +81」なる本を。
毎回違ったテーマを特集し、そして斬新?な誌面デザインで、この手のものが好きな人ならパッと見ただけで手にしたくなる、そんな感じです。
詳細は分りませんが「「+81」は現在、世界16ヶ国で販売され高い評価を得ています。2001年「+81」はNew York Art Directors Club でMerit賞を受賞しました。」と云う事で、元は海外の発行なのかもですね。
で、一体どんな本なのか?とと云うと、パッと見『似てるなぁ〜』と思ったのは「STUDIO VOICE」です。「STUDIO VOICE」と云えば発売当初はリーズナブルでアートな雑誌が手に入る、そんな気分で結構購入してました。(でも今ではナゼか?ほとんど立読みもしなくなってしまいましたねぇ。)で、この「+81」を例えるならデザイン面はもちろん内容も含めて「STUDIO VOICE」の兄貴的な、そんな雑誌に思えます。
個人的にはこの手の本好きなんですが、如何せんこれこそ「読まずにコレクト」な危険を多分に孕んでまして… 実際、今積まれてる中に既にその手のがありますしね。
ま、例え積まれる運命になるにしろ、こんなふうにバックナンバーでズラ〜っと展示してもらえると、私の場合「全コレ欲」は抑えられ、本当に興味のあるテーマのものだけを手に入れるのにいいなぁ〜と。いや、もちろん逆にこれこそ「全コレ欲」全開になるって人もあるでしょうが…
結局、今回は自制心が働きパスして帰ったんですが、脳に情報がインプットされた以上、その内また欲しくなるんやろなぁ… と、そんな事を思いながらまたもやこんな長い文を書いてしまいましたっ!。
[PR]
by agstudio | 2006-02-21 23:27 | diary
80's DANCE POP SUMMIT
d0057347_10482424.jpgボォ〜〜っとTVを見てますとこのようなイベントの宣伝が懐かしの名曲?のBGMと共に流れまして、なんとも云えん気持が沸き起こり早速検索です。
写真を見ての通り"スンゴイ!" 顔触れでして、ある意味、泪チョチョ切れ状態っす。
・イタロ・ディスコの雄「マイケル・フォーチュナティ」
・最近もヒット曲がカバーされたばかりの「シニータ」
・唯一のアメリカ人で元祖ガールズ・ロック・バンドGO-GO'Sの出身で、同時代の女性ダンスポップの代表格「ベリンダ・カーライル」
・17年ぶりの来日となる「リック・アストリ−」
いや〜申し訳ないけど笑けます。(^0^)
さらにダメ圧しで「演奏予定曲」とやらが載ってましたんで皆さんも私と共に楽しんで下さい!
Belinda Carlisle / もちろん「Heaven Is A Place On Earth」他
SINITTA / 当然「Toy Boy」他
Michael Fortunati / 何が何でも「Give Me Up」他
Rick Astley / 待ってました「Never Gonna Give You Up」他
いや〜、もう行かんでも、このリスト見てるだけで死にかけます!
で、大阪は、3/9(木) 大阪国際会議場 全席指定 \8,500(税込)
だそうです。
しかし、運営者側の最後のコメントに「出演者は都合により変更になる場合がございます。出演者の変更によるチケットの払い戻しは出来ません。予めご了承下さい。」って、決まり文句ではありますが、これに関しては出演者変更は詐欺でしょ!? ま、まだ他にもおるでしょうが、"永遠のオッさんキャラ"「リック・アストリ−」を外したら、それこそ風説の流布ですわね。
しっかし結構お客さん入りそうな気しますね、ただ木曜ってのが微妙ではありますが…
ま、間違い無く私は行かんと思いますが、もしかしてこれ見てる方で行かれる方は、
「<生> Never Gonna Give、デバ ゴバ ビブ!」
の、当時の鼻づまり具合が健在か、と、「オッさんキャラ」やったのが「どんだけ真のオッさんになってるか」等々、どんなやったか是非是非コメントお願いします。m(_ _)m
ほんま宣伝見てるだけで爆笑やのに、行ったら即気絶ですわ… 

勢いで書いて来ましたが、冷静に見てみると、このイベントの笑いの主なツボは、どうやら「デバ ゴバ ビブ♪」と「Give Me Up!オ〜オオオ〜♪」の2人にありそうですね。あんまり4人共笑えるように書くのは、それはそれで失礼な気がしてきまして…
あれ!? 何か気付いたら、今ちょっと行ってみたいかな? みたいな感覚が生じかけてるやないですか… 
おっ!おぉ〜!危ない!危ない!
これって何? 脳内の記憶から導く新手の催眠誘導か!?
でも大丈夫! こんな時にはこの呪文を唱えれば…
「デバ ゴバ ビブ♪ デバ ゴバ ビブ♪」
[PR]
by agstudio | 2006-02-19 23:07 | music
String
d0057347_15225467.jpgでもって今日はリハやった訳です。
突発的な事態が生じた?? にも拘わらず「スピード解決!」みたいな感じで、懸案のオリジナルが完成をみました。漸くなようであり、早かったような、ま、それなりの時間で出来たようです。
次回からはまた次へ1コマ進めそうです。誠に喜ばしい限りです。ハイ。
そして、写真です。
見ての通り「弦」です。
こういう "クラシカル" な弦は一体どこに行けば豊富な品揃えがあるんでしょうねぇ…
全く分らないんで適当な量販店でゲットしたんで、ええんか悪いんか、こういうブツです。
しかし考えてみたら "カルカッシ" な弦を自分で張るのは初めてです。
エレキやフォークと違い "クラクッシ" なギターをお持ちの皆さんはヘッドのとこを大層綺麗に巻いてらっしゃいますよね。あんなふうに自分に出来るんか!? が、今は大いに心配でして…
今どきネットで調べれば、そういう捲き方の事までバカ丁寧に書いてたりするもんなんでしょうか??
「ふぅ〜〜〜〜」やる前から溜息が…
いっそ、そんな事無視してヘッドからピン!ピン!に弦先をあっちや、こっちや、あさっての方向に "カルクッシ" にも関わらず飛び出さすってのも返って斬新やろか??? とか…
云うてはみるものの、そんな踏ん切りもつかず『ん〜〜〜〜 』

まぁとりあえず美麗な方向でバンガってみまほうか… (^ ^;)

P.S.
日本良かったね!フィンランドってFIFA何位か知らんけど「勝ちは勝ち」って事で。
[PR]
by agstudio | 2006-02-18 23:21 | Ndenua & ta's info
アスカルビー
d0057347_21404912.jpgっての御存知?
これが特大の苺でして。奈良産なんすよね。
最初にこれを目撃した時『へぇ〜奈良も苺作ってるんや…』程度にしか思わなかったんですが、食してみて『これは、これは!むっちゃ旨いやないすか!』って事で見る目が一変し、これを書く事にしたちゅうこってす。
旨いだけやなく「あまおう」ばりにデカイ。中々どうしてニクイ奴っす。
色は真っ赤と云うよりは若干薄めな感じで、その淡さもよろし。
そんなこんなで、少々調べてみようと検索すると、
「イチゴ品種「アスカルビー」は奈良県農業技術センターで育成され、平成十二年に品種登録されて県内で最も広く生産、流通しています。」
ってな感じです。
しかし、実は調べるまで、何で「アスカルビー」なんか分らなかったんです。
奈良やから気付いても良さそうなもんですが、なぜか勝手に「アス」と「カルビー」で切れると思っていた為、最近肉食べなくなったのもあってか、わざわざ「奈良産」って書いてある苺なのに「カルビ」と思ってしまったんかもです…  
普通なら「奈良」やもん「飛鳥」か「明日香」と思うわね…
我ながらイタイ… 限りです。はい。
皆さんもそんな「あす "カルビ"」食ってみてくんなはれ。
[PR]
by agstudio | 2006-02-17 21:22 | foods & drink
GEORGIA Bitter STYLE
d0057347_10312071.jpgってのを飲んでみたのです。
一時期「微糖」「微糖」と喧しく云ってましたが、もちろん今もチェックは止めてません。
今回のBitter STYLEは、
「コーヒーは好きだけれど体重のことも気になり始めた人に配慮し、コーヒーの「糖質」のカットに着目をしました。「糖質」を減らしながらもコーヒー本来の苦味と美味しさを実現した味わいをお楽しみ下さい。」
と云う「うたい文句」で売出し中です。
しかし、その「糖質」カットが「40%OFF」とヌルく、当然味わいも「そんな感じ」ですし、残念ながらそのカット率も「体重のことも気になり始めた人に配慮」してるとまでは思えない訳で…
いや!もちろんカットなしの物に比べたら少ないながらも「配慮」とは云えるでしょうが… まぁこんな事書いてますと「微糖」と「Bitter STYLE」どうちゃうのん!? と、まずそこから云いたくなってくるんですが…  まぁええよね。
つまるところAsahiのユースケ "ヨ" ンタマリアがウジャウジャ出て来る「ワンダ ショット&ショット」の方が68%OFFで個人的には好きですが、パーセンテージが色々あるっちゅうのも選択肢が増えて、微妙な甘さにこだわる方にはいい事なんでしょう。
でもって毎回云うようですが、私はいつも「微糖」とか云いながら、結局「糖質ゼロ、ミルクのみ」の「ワンダ ストレートカフェ」が気に入ってまして…
でも最近私の行くHでこれ売ってなくって… (T T)
[PR]
by agstudio | 2006-02-16 23:05 | foods & drink