音楽をはじめ、その他諸々独自の視点でお送りしております。
by agstudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Ndenua & ta's info
music
g.h.m love
goods & products
sports
person
matter
foods & drink
diary
movie e.t.c.
books
リンク e.t.c.
ライフログ
京極夏彦
Donald Fagen
Maria Rita
EARTH WIND & FIRE
Screaming Headless
フォロー中のブログ
つれつれなるままに
JAZZアルバム感想文
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 12月
最新のトラックバック
Sketches of ..
from 1-kakaku.com
Musicology
from 1-kakaku.com
Green Tea Fa..
from You's Blog
Song for My ..
from 1-kakaku.com
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
The Complete..
from 1-kakaku.com
チェ・ジウ
from 韓流スター情報なび
Grant Green ..
from tsuperdupe
デザインの灯台
from カルロスのにゃんきゃす通信
trombone,sax..
from You's Blog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Erykah Badu / New AmErykah, Pt. One: 4th World War
d0057347_11471136.jpg 早いもんで、も〜1月も終わりです。
 しかし何かにつけ「早い、早い」と口にしてるよーな気がしますが、月日の経つのはホンマにそーやから仕方ないです。
 子供の時分は夕方のひと時でさえ、どーして晩飯まで過ごすか苦労したぐらい長かったもんですが、今となっては "ゆっくり" なんは自分が "せなあかん事に取りかかるまでの時間" くらいなもんで、
 あきませんなぁ・・・

 ところで、本ブログをご覧の諸兄姉な方々の中には、
 「コイツは、何かと云えば "師匠、師匠" とか書いて・・・」
 みたいに思われてる方もあるかもですが、そんな皆様の心境を無視せざるをえんくらいに "師匠" を連発したくなる方のアルバムが2月に出る模様です。
 あちこちのCD屋さんの情報ではキッチリ日付が書かれてますが、なんせこの方は信用出来ません。
d0057347_1148423.jpg 確か 2nd 発売の時、日本で行われるライブ前に発売の予定だったものが二転三転して結局ライブ後に発売、と云う、そんな 2nd アルバムの時点にして大物ブリを発揮されておられる "師匠" ですので、
 『遅れる可能性もあるやろなぁ〜』
 くらいな気持ちで皆様も居られるフォーが懸命でせう。

 で、中身ですが、

(以降は、コチラ←クリック)
[PR]
by agstudio | 2008-01-31 23:40 | music
Ndenua Live 決定!
d0057347_17382277.jpg 今回のお話も例によって対バンであらせられるところの「松原旅行企画(P.S.に情報有り)」さんに誘って頂いての参加と相成りまして、相変わらず自力に欠ける(正しくは半自力になるんでせうかね? OREO師匠!?)状態が少々情けないですが・・・
  「ほんま、1年間なにしとってん!」
 と云う声が聞こえてきそーですが・・・
 いや、それなりに動きはしてきたんですが、力及ばず、みたいな・・・(哀)

 で、先日の今年2回目リハから早速準備を始めまして。
 まずは選曲。
 他のバンドさんは知りませんが、ウチは
 「あれやりたい! これやりたい!」
 ってのが黙ってても出てくるので、私は楽なもんです(いや仲良し自慢やなく、真実を述べとるのです)。
 大体決まったら、早速リハビリを兼ねて各々流していきまして。
 1部忘却の彼方に激しい曲がありはしたものの、それも7、8割がた復活出来ましたんで、次回には完全なる形が復元出来、ライブでの曲達の全貌が見えそーです。
 後は、カバーを入れるか入れまいか、と云う話が出ましたが、これは一旦保留。
 なんせほぼ1年振りですんで、新曲がありますからね。
 まぁ、このへんも次回には決定して、いざライブっ! て感じになるでせう。

 と云う事で、日頃ここで色んなアルバムを取り上げては、
  「あーでもない、こーでもない。」
 云うてますので(って、決して貶したりしてるものは無いはずですが・・・ )、いざ自分らがやるとなると、中々どーして心配やら、緊張するやら、恥ずいやら、今から様々な思いが駆け巡っとります。
 まぁ、それもこれもどれも自分の蒔いた種ですんで甘んじて受けるしかないのでせうが、出来ましたら是非お手柔らかなお目々とお耳でもって観て頂けるよーお願い致します!
 では、本番に向け残りのリハで精々精進致しまする〜〜〜〜 m(_ _)m

 ※ 写真は新年会の1コマ

 P.S.
 「松原旅行企画」さん
 編成:Vo & Key, G, B, Ds, Sax の5人
 ジャンル:World Music
 ---------- Vo & Key さんが個性あふれるイイ曲を作られるそーで、私も今からお客さん気分で楽しみにしとります!
 皆さんも是非是非現場でご一緒に楽しみませんかぁ〜〜!
[PR]
by agstudio | 2008-01-26 23:26 | Ndenua & ta's info
Delightfulee / Lee Morgan
d0057347_1549410.jpg 先日書いた1700の大元、RVGシリーズにてこれが出てました。
 Jazz Giant が Strings や Big Band と共演するっちゅう流れは、大 Parker 師匠の時代から脈々と続く系譜となっているよーな感がありますが、Morgan 師匠も例外ではなく、やはりやっておられたんすねぇ〜、ふむふむ。

 で、まずはメンバーから見ていきます。
 Quintet は、
  LEE MORGAN - トランペット
  JOE HENDERSON - テナーサックス
  McCOY TYNER - ピアノ
  BOB CRANSHAW - ベース
  BILLY HIGGINS - ドラム
  (Personnel on tracks 1, 2, 5, 6)
 Big Band は、
  LEE MORGAN - トランペット
  ERNIE ROYAL - トランペット
  TOM McINTOSH - トロンボーン
  JIMMY BUFFINGTON - フレンチ・ホーン
  DON BUTTERFIELD - チューバ
  PHIL WOODS - アルトサックス/フルート
  WAYNE SHORTER - テナーサックス
  DANNY BANK - バリトンサックス/ベースクラリネット/フルート
  McCOY TYNER - ピアノ
  BOB CRANSHAW - ベース
  PHILLY JOE JONES - ドラム
  OLIVER NELSON - アレンジャー/コンダクター
  (Personnel on tracks 3, 4, 7-10)
 と豪華メンバーで、これだけで楽しみになります。

 つづいて曲に沿って見ます。
 1. Ca-Lee-So
 2. Zambia
 1.は、カリプソの明るい曲で、

(以降は、コチラ←クリック)
[PR]
by agstudio | 2008-01-21 23:47 | music
Marcina Arnold / About Time
d0057347_16295049.jpg いやいや、また面白そうな方が出て来ました。
 と云うと、これがデビューかと思うかもですが、そーやなくて 2nd やそーです。
 しかも Steve Williamson, Airto Moreira などとも共演歴あらはるそーで、そー聞くとこの中味も納得です。
 
 例によってレコ屋の現場レビューによりますと、ジャズ、ソウル、ヒップホップ、フォークを融合したとか、中にはフォーキーばかりを前面にしたよーな書きよーが目につきまして。
 私としては、それには少々疑問「???」です。
 彼女がアコギを弾きながら歌うから、そーなるんすかね?
 でも、弾いてるのガットギターっすよ。
 ナイロン弦やろーが、そーでなかろーが「アコギ=フォーキー」な図式って、まぁそんな要素も含んでると思えるくらいのミックス具合ですから、全くフォークっぽくないとは云いませんが、それでもどちらかと云うとフォーク色は薄いよーな・・・
 あっ!

(以降は、コチラ←クリック)
[PR]
by agstudio | 2008-01-15 23:31 | music
ブルーノートRVGコレクション
d0057347_19511156.jpg さぁ、今日から通常に戻ります。
 今回はタイトルのお馴染みの方にはお馴染みのコレクションです。
 こーいうのって思い返せば、も〜何度となくやってますよね。
 古くはアナログ盤の時代から折にふれてはやってるって事をご存知な方はご存知でせう。
 で。
 「ほな、なんで今さら取り上げるの?」
 と云いますと。
 そーです!この前に「1500コレクション」ってのがあったのを、これまたご存知の方はご存知でせう。
 その際に結構な数出てましたんで、私の知り合いも1度CD化されたもののあまり再発されてないものや、まだCD化自体されてなかったもの、などがあれば「これ幸い!」と手に入れたりしてまして。
 正直、皆さんの中にもこんなふーな買い方された方、多かったんやないでせうか!?
 ところが、

(以降は、コチラ←クリック)


 P.S.
 リンク欄に、Ndenua なピアノ師匠のブログを追加です。
 しかし、まぁよ〜 LIVE されとります。
[PR]
by agstudio | 2008-01-10 23:41 | music
本、読んではりますぅ?
d0057347_1743220.jpg 明けて、
 「本格始動!」
 な時期なんですが、年末に
 『こんなんやってみよ〜!』
 と思って、やり残してたので今回はそれをばやらせて頂きます。
 それは、
 「去年1年で読んだ本をリストアップゥ〜!』
 っちゅうやつです。
 しかし聴いたアルバムはそーは思わんのに、読んだ本ってのはナントノ〜恥ずいよーな・・・(汗)
 まぁ、やってみます。

 本来は、と云うか、色んな方面多岐にわたって情報を得るには、ひとくちに本と謂えども同じよーなもんばかり読んでてもいかんのでせうが、
 『読んだぁ〜〜!』

(以降は、コチラ←クリック)
[PR]
by agstudio | 2008-01-06 23:31 | books
あけおめッス!
d0057347_1514092.jpg 明けちゃいました。
 で、もう三日目、早いねぇ・・・

 と、明けて早々去年のネタです。
 年末に皆さんもあったでせうが、私にも忘年会がありまして。
 ほぼ10ケ月振りとなる方々に御会いして来たのです。それも中村主水はんやないけど十三で。
 で、その友人が、
 「へぇ〜ブログやってるの? ほな今日の事書いてぇなぁ!」
 ってな具合で、私にとっては後半あまり格好のヨロシイ日では無くなってしもたんですが、新年の挨拶がてらいっときます。

 そーいえば、十三でそんなに遊んだ事おまへんです。
 思い出してみると、これぞ大昔にデスメタルなライブに行った時(お解りでせうが、決してデスメが目的や無かったんすが、予習も無しに行ってみたら "この世のもんとは思えん雄叫びオンパレードの渦" な世界に呑込まれまして、未だに思い出すと疲労感を覚える有り様です・・・ )と、淀川の花火に行った後にちょいと呑んだりくらいなもんです。
 ほんでまぁ、久々な顔ぶれやし「一軒目の店くらい気分よー行きたい!」みたいのもあってかなかってか、十三の割にはコ洒落た(いや、他意は無いです。十三の方々すいません。)、お姉さん方が皆さん阪急沿線の大学生と思わしきお店に落ち着きました。
 お姉さん方は可愛いし愛想いいし、機嫌ようある事ない事話しながら、飲む食う、呑む喰う・・・
 気がついたら、もとから張り気味の腹がさらにパンパン!に膨らんで、もっと機嫌ようしてましたら、ちょーど時間って事でアッサリ極寒の中にほりだされまして。

 で、2軒目が写真の今は亡き東通のお店を彷佛とさせ、内装も外見の期待を全く裏切らないバーへと吸収されたのです。
 最近はメッキリ口にしなくなったジャック・ディジョネット、やの〜てダニエルを、これまた久々にロックでなんか頼んだりしまして、マスターも味出まくってはる方で、
 「よっ! これぞ十三っ!(いや、誤解しないで下さいよ!正直、私は十三好きですんで。)」
 みたいな雰囲気を堪能させて頂きました。

 バーの閉店まで飲んで出て来ますと、さっきは気付かんかった向いの綺麗どころのお姉さんがカウンターにズラリ並んで「こっち来い〜、こっち来い!」してはる立ち呑みバー発見し、か〜なり後ろ髪引かれたんすが、残念ながらもう今から座れんとこは有り得ん状況にお身体がなってきてましたんで、諦めて近くのビルの2階かにありましたキャッシュオンなバーへ。
 往年の洋の名曲かかる中、チャンポンしたのを心配して(って、時既に遅しですが)ピスタをアテにまたもや生ビール。
 ビール、ピスタ。
 ピスタ、ビール。
 ビー、ピス。
 ピ、ビー。
 B、P。
 p、b・・・

 で、帰路に。
 ここからは大人の事情により掻い摘みます。
 正直、この晩は久々の顔ぶれが嬉しかったんでせう、それと最近ビール党なところへ昔みたくバーボンロックやらイッた事もあり、いつもにまして帰りかけた頃には酔うてたんでせう。
 大阪から環状線に乗ったまでは良かったんすが、途中一旦下車し一本遅らす始末。
 こんな事そーそーないんです、私。
 最寄りに着いたものの、多分この冬一番と思われる寒風吹き荒ぶ中、近所のスーパーの外灯のあんまりない駐輪場で、自分のかけたダイヤルロックのナンバーが見えず、いつもはものの10秒もあれば解錠出来るところを、寒いは酔うてるわで少なくとも15分はかかって四苦八苦・・・
 もちろんその解錠の間、スーパーの上がマンションって事もあり、超冷たいビル風が容赦なく猛烈に私に吹き荒びまして・・・(泣)
 やっとこ外して跨がると、今度はチャリで寒風の中風切る辛さに、堪え難きを耐え忍び難きを忍び・・・

 と、まぁそんな感じで帰り道だけ見ると "超ヘビー極まりない年末" になってもーたのです。(哀)
 皆さんは、どがいな年末&正月やったんでせう?
 お互い身体だけは気をつけんと、せんといかん!ですね。

 と、そーいった矢先に、私の始動はこの週末にあります "Ndenua な新年会" からって事になっとりまして・・・
 いやはや、大丈夫なんかいな・・・(笑)

P.S.
おいおい、肝心な挨拶忘れてますがな・・・
「今年もよろしくお願いします!」 m(_ _)m
[PR]
by agstudio | 2008-01-03 14:51 | diary